モノトーンコーデ

30代必見!大人の男のストリートファッション講座

ストリートファッションは10代から大人まで人気があるファッションです。ただ30代の大人がストリートファッションを楽しむなら、10代や20代とは違う着こなしをしなければ子供っぽく見えてしまいます。

そこで、今回は大人の男のストリートファッション着こなし術をご紹介!子供っぽく見えてしまうNG例も紹介するので、コーディネートを作る時の参考にしてみてください。

大人の男のストリートファッション着こなし術

ではさっそく30代男性が押さえておきたい大人の男のストリートファッション着こなし術を紹介していきます。

主張がないシンプルなトップスを選ぶ

シンプルなトップス

今人気のあるストリート系ブランドからは、ロゴや文字の主張が強いデザインのトップスがたくさん出ています。ただ大人のストリートファッションを楽しむなら、どのブランドのものか一目でわかってしまうようなデザインは、若者感が強すぎて若作りと思われてしまうことも…。

30代でストリートファッションを楽しむなら、ブランドのものを着ていることを主張しない余裕のある着こなしを目指しましょう。ロゴが入っているものを選ぶときも、胸元や袖にワンポイント入っている程度のものを選ぶのがおすすめです。

また素材選びにも注意してください。カジュアルな印象が強いストリートファッションで安っぽい素材を選ぶと、全体的にチープな印象になりがちです。

モノトーンコーデで落ち着いた印象を作る

モノトーンコーデ

ラフな雰囲気が出やすいストリートファッションを大人っぽく見せたいなら、全体をモノトーンで統一するのがおすすめです。モノトーンというだけで落ち着いた印象が作れますし、清潔感もアップします。

黒と白、グレーなどを貴重にしたコーディネートを考えてみましょう。オールブラックのコーディネートも洗練された雰囲気を作りやすいです。

ヴィヴィッドな差し色をプラスして遊び心をプラス

差し色をプラスしたコーデ

大人であっても色をプラスしたいという人もいるでしょう。大人のストリートファッションで色を取り入れるのなら、差し色としてプラスするのが鉄則。モノトーンコーデに色をプラスするなら、ヴィヴィッドなカラーがおすすめです。

差し色を入れやすいのはインナーです。モノトーンのトップスの首元にちらっと見えるヴィヴィッドなカラーはこなれた感を演出します。小物で色を取り入れるのもおすすめです。

柄物を取り入れるならダークトーンの色味を選ぶ

ダークカラーのシャツ

大人のストリートファッションだからといって、必ずしも柄物がNGというわけではありません。ただ色も柄も派手だとガチャガチャして子供っぽくなってしまいます。

大人のストリートファッションに柄物を取り入れるなら、ダークトーンの色味を選びましょう。一見派手な柄でも、ダークトーンなら落ち着いた印象になります。ストリートファッションの定番アイテムであるチェックシャツも、モノトーンなら主張しすぎずカジュアルな印象を作れるでしょう。

テーラードジャケットをプラスするだけで大人っぽさアップ

ストリートファッションの王道トップスといえばパーカーです。パーカーは子供っぽくなりがちなアイテムではありますが、テーラードジャケットを羽織るだけで一気に大人っぽさがアップします。

テーラードジャケットはかっちりした印象がありますが、フードを出して着ることでうまくストリートファッションとMIXできるでしょう。モノトーン以外のパーカーでも、テーラードジャケットを羽織れば大人の着こなしになります。

シルエットにこだわったアイテム選びをする

シルエットに気を付ける

ストリートファッションで大人の着こなしをするなら、全体的なシルエットにこだわってみてください。いくら質のいい服を着ていても、シルエットが悪ければ野暮ったい印象になってしまいます。

最近のストリートファッションはオーバーサイズが流行っていますが、大人っぽく見せたいなら全体的にジャストサイズのものを選んでIラインを作るのがおすすめです。オーバーサイズのトップスを取り入れたいなら、トップスの丈がジャストのものを選び、ボトムスはタイトなものを選ぶようにしてください。

ストリートファッションにマッチしやすいデニムを選ぶときも、ぶかぶかしているものではなくジャストサイズを選びましょう。

足元は清潔感のあるスニーカーで締める

白のスニーカー

おしゃれは足元からと言いますが、大人のストリートファッションでも足元のおしゃれは重要です。ストリートファッションの場合、足元はスニーカーを合わせるのがおすすめですが、汚れたスニーカーは残念な印象になってしまいます。

スニーカーは清潔感があるものを選び、コーディネートのポイントにしましょう。シンプルながらインパクトがある白スニーカーは大人のストリートファッションにおすすめですが、こまめにメンテナンスして綺麗な状態をキープしてください。

小物選びにこだわる

小物にこだわる

カジュアルなストリートファッションを大人っぽく見せるなら、小物使いにこだわってみましょう。たとえプチプラなトップスとボトムスでも、小物に高級感があるものやこだわりがあるものをプラスすれば高見えします。30代なら時計やメガネ、サングラスなどといったアイテムは一生使えるものを購入するのもおすすめです。

子どもっぽく見られてしまうNGコーデとは?

ちょっと間違えると子供っぽくみられてしまうストリートファッション。子供っぽく見えるNGコーデの例を紹介します。

ロゴがでかい

ロゴTシャツ

2020年は90年代のリバイバルで大きなロゴのトップスが人気です。スポーツブランドや人気のストリート系ブランドからも、たくさんの大きなロゴのトップスが出ています。ただこれが許されるのは20代まで。ブランドの主張が強いトップスは、モノトーンのものを選んだとしても子供っぽく見えてしまいます。

色を使いすぎている

カラフルなトップスやボトムスは、それ1着だけで主役になってしまうアイテムですが、色が増えれば増えるほど子供っぽさが増してしまいます。ポップな印象が強くなり、女性ウケもあまりよくありません。

大人のストリート系コーデを作るなら、有彩色は2色までにしておきましょう。2色使いをするときも青と赤など暖色系と寒色系をMIXすると子供っぽくなります。青と緑の寒色系でまとめるなど、統一感を考えてみてください。

カラーを選ぶ場合も原色ではなく、くすんだ色みが大人っぽく見えます。原色を使いたいなら、先ほど紹介したように差し色としてプラスしましょう。

もちろん有彩色を2色使わなくてはいけないというわけではありません。大人のストリートファッションは、モノトーン・モノトーンと有彩色1色・モノトーンと有彩色2色のどれかがベストです。

柄×柄

10代・20代でストリートファッションを着こなしているおしゃれ上級者のなかには、柄×柄という一見難しいコーデを成立させている人もいます。確かに柄×柄は組み合わせが難しいぶん、バランスが良ければおしゃれ感が増すコーデです。

ただ30代以上の男性には柄×柄のコーデはおすすめしません。ガチャガチャした印象になるので、柄を入れるときは必ず1つまでにしておきましょう。

ポイントを押さえて大人のストリートファッションを楽しもう

今回紹介したポイントを押さえておけば、カジュアルにみられがちなストリートファッションでも大人っぽく着こなすことができます。世代を問わず愛されるストリートファッションだからこそ、大人っぽく着こなすことができれば大人の余裕を感じさせてくれるでしょう。

手持ちのアイテムを色々組み合わせてみて、自分なりの大人のストリートファッションを完成させてみてください。