彼女が欲しいモテたい男性必見!女子受けが良いメンズ冬コーデ「デートシーン・回数別」

地味になりがちな冬のメンズコーデ。
特にデートのときは失敗をしたくないという気持ちから、無難なシンプルコーデに落ち着くケースが多いでしょう。
しかし女性を振り向かせたいのならモテる男のファッションの着こなし方を見習って、女性をドキドキさせられるコーデに仕上げることが大事。
同じアイテムでも組み合わせ方やサイズを変えるだけで、印象がガラリと変わります。
デートシーンも踏まえた上で、魅力的なメンズコーデを完成させましょう。

1~2回目のデートコーデのコツ

引用:https://wear.jp/genji/15679723/

1~2回目のデートコーデは、細部まで気を抜かずにコーデをしなければなりません。
まだ男性の内面を深く知らない段階のため、無意識のうちに男性の外見で恋人候補になるか否かを判断することが多いからです。
例えばボトムスの丈やバッグの持ち方などが気になる女性は少なくありません。
些細なことに思えますが、その些細なことがきっかけでそれ以上関係性が進展しなくなることもあります。
そのためデートの前にモテる男のコーデをリサーチして、自分のコーデに取り入れましょう。
絶対に外せないのは以下のポイントです。

  • 清潔感
  • きちんと感
  • 男らしさ
  • シンプル

清潔感がある男性には、女性は嫌な感情を抱きません。
またシンプルなファッションコーデも外しにくいコーデです。
しかしシンプル過ぎると物足りない印象になるため、小物や柄入りのアイテムでアクセントを入れるなどの工夫が必要です。
まだお互いを深く知らない1回目のデートではきちんと感が必要なため、きれいめのアイテムを多く入れてコーデを完成させましょう。

サイズとシルエットを完璧に!

冬は重ね着をするからと、オーバーサイズのアイテムを選びがち。
特にアウターは、ゆとりのあるサイズを選ぶ男性が多いです。
しかしオーバーサイズのアウターを選ぶと、胴回りだけでなく袖や裾も長くなってしまいます。
そうすると太って見える上に、だらしない印象にもなります。
そのためサイズをしっかり測り、自分の身体にフィットするジャストサイズのアイテムを選ぶことが大切です。
またシルエットにも注意しなければなりません。
三角形のシルエットや土管のようなシルエットのメンズコーデは、女子ウケがあまりよくありません。
デートでは以下のようなシルエットになるようにコーデをすると良いでしょう。

  • Iライン

引用:https://wear.jp/genji/15940094/

  • Yライン

引用:https://wear.jp/sasatoshi/15966316/

トップスもボトムスもタイトなサイズを選ぶと、Iラインのシルエットになります。
ボトムスよりも少し大きめのトップスを選べば、Yラインのシルエットの完成です。
ただしカジュアルなアイテムを多く身につける場合は、YラインよりもIラインを目指したほうが良いでしょう。
カジュアルなアイテムでYラインのシルエットに仕上げると、幼い印象になるからです。
アクティブなデートなどの際はカジュアルなアイテムを身につけることが多いため、大人の男性の雰囲気を損なわないようなシルエットになるようにコーデをしましょう。

冬のメンズコーデにおすすめのカラー

引用:https://wear.jp/genji/15469980/

冬のメンズコーデは、ダークカラーのアイテムをベースにすると失敗しにくいです。
例えば黒色や紺色です。
ベースのカラーが決まったら、あとは他の色を数種類入れましょう。
冬におすすめのカラーを以下にまとめました。

  • 黒色
  • 紺色
  • カーキ
  • グレー
  • ベージュ
  • キャメル
  • あずき色
  • えんじ色

上記のようなカラーを組み合わせれば、冬らしいコーデに仕上がります。
ただし使うカラーは3色までにしましょう。
3色以上のカラーを使うと、まとまりのない印象になります。
ファッションコーデに自信がない場合は洋服全体をダークカラーにして、アクセントカラーとしてあずき色やキャメルなどの明るめのカラーを持ってくると良いでしょう。
またその年に流行しているカラーをアクセントカラーとして取り入れるのもおすすめ。
マフラーや靴下などの小物の色を流行色にするだけでも、ファッションの鮮度がアップします。

アクセサリーを取り入れてこなれ感を出そう

引用:https://www.instagram.com/p/B_pI1kCnfVF/

シンプルなファッションコーデでも、アクセサリーをつけるとこなれ感が出ます。
女子ウケが良いアクセサリーは時計と指輪。
シンプルでも高級感があって男らしい時計や指輪が人気です。
女性に人気が高い時計と指輪のタイプを以下にまとめました。

  • 時計…シルバー、チャコールレザーのベルト
  • 指輪…シルバー

シルバーアクセサリーは男らしさを感じるため、多くの女性に支持されています。
チャコールレザーなどのレザーベルトが使われている時計は、大人の落ち着いた雰囲気を出したい男性にピッタリです。
ただしどちらのアクセサリーも、なるべくハイブランドのものを選ぶことが大事。
アクセサリーがちらりと見えたときの印象が大きく違うからです。
ハイブランドのアクセサリーはシンプルなデザインやカラーでも存在感があるため、洋服がシンプルでもこなれ感が出ます。

重ね着をし過ぎると野暮ったく見える

屋外のデートをする場合は、防寒対策として洋服を何枚も重ねて着たくなりますよね。
デート中に寒さで震えていたのでは、女性も心配になってデートどころではなくなってしまうでしょう。
しかしだからと言って重ね着をし過ぎるのはNG。
特にダウンを着る場合は、インナーを1枚多く身につけただけでもモコモコと膨れて見えてしまいます。
そのため重ね着をする場合は、3枚を目安にしましょう。
薄くて機能性のあるインナーを身につければ、膨れて見えることはありません。
次のような順番でインナーとアウターを身につけてみましょう。

  • 1枚目…機能性インナーを着る
  • 2枚目…少し大きめのインナーを着る
  • 3枚目…ニットやパーカーを着る
  • 4枚目…アウターを着る

2枚目に身につけるインナーを少しゆとりのあるサイズにすると、空気の層ができるので保温性がアップします。
薄手なので外見からは何枚も重ね着をしていることがバレないでしょう。

個性的なアクセサリーは女子ウケが悪い

アクセサリーを取り入れると雰囲気がガラリと変わりますが、どんなアクセサリーでも良いわけではありません。
例えば以下のようなアクセサリーは幼く見えてしまいます。

  • ハードなデザインのエンブレムがついている指輪
  • 大きめのエンブレムがついたネックレス
  • アクセサリーを複数身につける

ハードなエンブレムや大きいサイズのエンブレムがついたアクセサリーは、やんちゃなファッションに合わせるとスタイリッシュに決まります。
しかしデートコーデに相応しい、きれいめのファッションには向いていません。
例えばタートルネックのニットの上に、大きめのエンブレムがついたネックレスをつけたところを想像してみましょう。
デートコーデとしては違和感がありますよね。
B系のファッションの印象が強いでしょう。
そのためデートの際はシンプルなアクセサリーを1点だけつけるようにしましょう。

ダークカラーだけでコーデをするのはやめよう

ダークカラーでまとめたファッションは、クールで男らしい雰囲気に仕上がりやすいです。
特にオールブラックコーデは10代から20代の男性に人気。
しかし同じカラーでまとめるのは実はとても難易度が高いコーデです。
またダークカラーは暗い雰囲気になりやすいというデメリットもあります。
そのためデートコーデの際は1色のカラーでまとめるのではなく、他のカラーを挿し色としてミックスしましょう。
柄が入ったアイテムを1点取り入れると、一気にこなれ感が出ます。
また同じ系統のカラーでも、濃淡をつければスタイリッシュに見せることが可能です。
例えば次のようなコーデです。

  • インナー…ダークトーンのインナー
  • アウター…挿し色のコート
  • ボトムス…デニムやブラックチノパン

引用:https://wear.jp/yuto0427/15684755/

全て同じ系統のカラーですが濃淡や素材が違うため、のっぺりとした地味なコーデにはなりません。
小物でアクセントカラーを加えれば、よりおしゃれ感がアップするでしょう。
このようなトーンオントーンコーデができるようになれば一気にこなれ感が出るので、他の男性と少し違った印象を与えられるでしょう。

食事デートはアウターを脱いだときのおしゃれ感が大事

食事デートでは室内で過ごす時間が長いため、アウターを脱いだときのコーデにも気を配る必要があります。
食事をする際は女性と向かい合って座ることが多いので、特に上半身のコーデを万全にしましょう。
食事デートのおすすめのメンズコーデを以下にまとめました。

  • インナー…ニット
  • アウター…チェスターコート、スタンドコート、ステンカラーコート
  • ボトムス…インディゴブルーのデニムパンツ、テーパードパンツ、スラックスなど
  • 靴…キャンパスシューズ、革靴

引用:https://wear.jp/genji/15802642/

インナーはニットだけでもいいですが、襟付きのシャツとの組み合わせもおすすめです。襟付きのシャツとニットの組み合わせは、きちんと感とカジュアル感のバランスが絶妙。
汚れが目立つ白系のニットは避けて、グレーやベージュ、流行色などのニットを選ぶと良いでしょう。
シャツはブルー系を選べば、野暮ったくなるのを防げます。
ボトムスも上品に見えるアイテムを選ぶことが大切です。
ただしボトムスをスラックスなどのクラシカルなアイテムにする場合は、アウターを少し個性のあるアイテムにすると良いでしょう。
ステンカラーコートはシルエットがゆったりしているため、リラックス感が出ます。
一方スタンドコートは襟が立っているので、男らしい雰囲気を演出できます。

2~3回目のデートコーデのコツ

2~3回目のデートコーデは、1回目よりもカジュアル感を強調してもOK。
女性も自分に対して心を開いてくれていると感じるため、1回目のデートのときよりも親近感が増すでしょう。
ただしあまりにもラフなコーデだと、逆に自分を女性として意識しているのかな?と不安になる可能性も。
そのためきちんと感のあるアイテムも必ず入れて、カジュアル感が強くなり過ぎないようにしましょう。
2回目のデートコーデで気をつけるべきポイントを以下で見ていきましょう。

  • 清潔感のあるコーデをする
  • カジュアル感ときちんと感の両方を入れる
  • 男らしさを感じるアイテムを入れる
  • 基本的にシンプルなコーデを心掛ける
  • デートシーンに合ったコーデをする

引用:https://wear.jp/rbstaff553/16521404/

2回目のデートでは2人で一緒に楽しめるスポットに行くことが多いでしょう。
例えばテーマパークや水族館などです。
アクティブなデートでは歩いたり身体を動かしたりするため、動きやすいコーデをする必要があります。
そのためシーンに合わせてコーデをすることも忘れないようにしましょう。

個性的なファッションは避けたほうが良い

2回目のデートではカジュアル感を強調したコーデをしても問題ありませんが、基本的にはシンプルなアイテムでまとめるのがマスト。
個性が強いアイテムを取り入れるのは避けたほうが良いです。
例えば次のようなアイテムです。

  • スタッズがついたアイテム
  • ドクロが描かれたアイテムやアクセサリー
  • トラックパンツ
  • サルエルパンツ

上記のようなアイテムはクールに見えたり着崩し感が出たりするため、おしゃれな男性に人気のアイテムです。
しかしデートには相応しくありません。
ブランドのロゴが大きく入っているアイテムを選ぶのもやめましょう。
女性もファッションの好みが一緒なら問題ないかもしれませんが、一般的には引かれる可能性が高いです。
そのためデートの際はなるべくシンプルなアイテムを選ぶようにしましょう。
小物などでアクセントを加えれば、デートに相応しい大人カジュアル感とこなれ感のあるコーデに仕上がります。

スポーツウェアもデートコーデには向いていない

アクティブなデートをする際は、スポーツウェアを着たくなる男性もいるかもしれません。
最近は普段着としても身につけられるスタイリッシュなウェアも豊富です。
その上動きやすいので、デート中も快適に過ごせるでしょう。
しかしカジュアル過ぎるため、2回目のデートでは身につけないほうが良いです。
ジョガーパンツも同様です。
裾がすぼまっていて、スポーツウェアのように見えるからです。
2回目のデートの段階ではまだ関係性が深まっていないことが多いため、カジュアル感が強すぎるとだらしない印象に見える可能性があります。
また女性とつき合う前の段階なので、自分のために気を遣ってくれていると感じさせる必要もあります。
スポーツウェアやジョガーパンツと同様に、スポーツメーカーのロゴが入った小物などを取り入れるのもNG。
かなり年上の男性に見えたり、逆に学生のように見えたりするからです。
またもしアクティブなデートの後に食事に行く場合は、その場の雰囲気を壊してしまうでしょう。
そうすると男性と一緒にいるのが恥ずかしくなってしまうので、3回目のデートに漕ぎつけられなくなるかもしれません。

靴下までぬかりなくコーデをしよう

コーデをする際は洋服だけでなく、靴下にもこだわってコーデをしなければなりません。
デート中のふとした瞬間に、靴下がチラリと見えることがあるからです。
洋服と靴下がミスマッチだと、ハイセンスな洋服を身につけていても野暮ったい印象に見えてしまいます。
また毛玉がついているのもNG。
使い古した靴下を履いていると、細かい部分にまで気を配れない人という印象を与えてしまうでしょう。
そのためデートのときは洋服に合う新しい靴下を履きましょう。
ボトムスの裾をロールアップして、靴下を見せるのもおすすめです。
その際は次のようにコーデをすると良いでしょう。

  • ダークカラーの洋服に赤系の靴下や柄が入った靴下を合わせる
  • 洋服と靴下のカラーを同系色にして靴でアクセントカラーを加える

引用:https://wear.jp/genji/14380333/

洋服と違うカラーや柄が入った靴下を合わせると、若々しい印象になります。
シックに決めたいのなら、洋服と靴下のカラーを同系色でまとめると良いでしょう。
またくるぶしよりも下の短めのソックスを履いて靴から靴下が見えないようにすれば、ちょい悪風のコーデに仕上げることが可能です。

ウィンドウショッピングデートにおすすめのメンズコーデ

冬のウィンドウショッピングデートは、防寒対策を万全にすることが大切。
しかし気になる女性とのデートのため、寒さから身を守るコーデをするだけでなくスタイリッシュなコーデに仕上げなければなりません。
はじめてのデートの際は次のようにきれいめのアイテムを豊富に使って、ウィンドウショッピングデートに相応しいコーデに仕上げましょう。

  • インナー…ニット
  • アウター…チェスターコート
  • ボトムス…デニムパンツ、ストレートパンツ、テーパードパンツなど
  • 靴…キャンパスシューズ、きれいめに履けるスニーカー
  • 小物…トップスと同系色のマフラー等

引用:https://wear.jp/genji/15939526/

全体的に黒色や紺色などのダークカラーでまとめると、大人の男性の雰囲気が出ます。
トップスに身につけるアイテムはニットやチェスターコートを選んで、クラシカルな雰囲気を演出しましょう。
ただし全てのアイテムをクラシカルなアイテムでまとめると落ち着いた印象になり過ぎるため、ボトムスや靴でカジュアル感を出すことが大事。
濃い色のデニムパンツを身につける場合は、キャンパスシューズを選ぶと良いでしょう。
上品さとカジュアル感がミックスされている上に歩きやすいので、ショッピングデートに向いています。
テーパードパンツやストレートパンツなどのきれいめなボトムスを選ぶ場合は、スニーカーを合わせて抜け感を出すのがおすすめです。

映画館デートでは動きやすく上品なボトムスを選ぼう

映画館デートの際は、きれいめなコーデを心掛けながら動きやすさにもこだわることが大切。
映画館では長時間座りっぱなしになるため、窮屈なボトムスを履いて出かけると途中で不快感を抱く可能性が高いからです。
また映画館の中は外よりも室温が高いため、重ね着をし過ぎないことも大事なポイントです。
以上のポイントを踏まえたおすすめのコーデを以下にまとめました。

  • インナー…襟付きのシャツ
  • アウター…チェスターコート
  • ボトムス…ゆとりのあるスラックス
  • 靴…キャンパスシューズ、スニーカー

引用:https://wear.jp/nryota67/16720281/

映画館デートではリラックス感を出すことも大事なので、インナーは堅苦しくなり過ぎないニット素材でも良いでしょう。
インナーをシャツにすると、コートを脱いだときもスタイリッシュになります。
インナーは同系色でまとめ、トーンオントーンコーデをするのがおすすめ。
ボトムスは腰回りにゆとりのあるテーパードパンツやストレッチが効いたスキニーパンツを選べば、長時間映画館の椅子に座っていても足が楽です。
写真のようにゆとりのあるパンツであれば、椅子に座っていても楽ですが、上級者のようなコーデになりますので、パンツ選びは注意が必要です。

3~5回目のデートコーデのコツ

3~5回目のデートに漕ぎつけられたということは、女性とつき合える可能性が高いと考えて良いでしょう。
しかし油断は禁物。
女性は3回目のデートで自分の気持ちが本当に正しいのか、男性のあらゆる面を見て最終的な判断をすることが多いからです。
そのためファッションコーデも気を抜かないようにしましょう。
デートスポットによってはカジュアルなコーデでも問題ありません。
ただし3回目のデートでは、できればロマンチックなデートスポットに行くのがおすすめ。
ロマンチックなスポットに行った方が、2人の距離がグンと縮まりやすくなります。
告白をするチャンスも訪れやすいため、男らしくセクシーなコーデで決めると良いでしょう。
女性もドキドキしやすくなるので、告白を受け入れてくれる確率が高まります。
ロマンチックなデートにおすすめのファッションアイテムを以下にまとめました。

  • インナー…ニット、タートルネックセーター
  • アウター…チェスターコート
  • ボトムス…アンクルパンツ、ストレートパンツ、スラックス
  • 靴…革靴
  • 小物…ストール、時計など

引用:https://wear.jp/uk0804basket/15944052/

ダークカラーを使ったトーンオントーンコーデを心掛けて、きちんと感がありながらもちょい悪風の色気が漂うコーデを完成させましょう。

バッグの選び方を間違えるとコーデが台無しに!

きれいめのファッションコーデを完成させても、ファッションにバッグが合わなければ台無しになってしまいます。
特にきれいめのファッションに合わせるバッグ選びは難しいもの。
例えばセットアップを使ったクラシカルなコーデに、ショルダーバッグやトートバッグ、リュックサックなどを合わせてもちぐはぐな印象になりますよね。
ほとんどのバッグは、きれいめなメンズコーデにマッチしにくいのです。
そのためデートで着る予定のファッションでバッグの販売店に出かけて、洋服とバッグが合うか確認することをおすすめします。
次のバッグならば、クラシカルなコーデに合うでしょう。

  • クラッチバッグ

引用:https://wear.jp/dopetupac090796/16472451/

イタリアの紳士のようなダンディなトータルコーデが完成します。
もう少し若々しいコーデにしたいのならば、アウターの下にボディバッグを身につけると良いでしょう。
またバッグを持たないのも1つの方法です。

水族館デートはレイヤードスタイルで差をつけよう

水族館は海の中の生き物たちをのんびり眺めながら穏やかな時間を過ごせる場所。
そのため水族館にデートに行く場合は、リラックス感のあるメンズコーデをしましょう。特に水族館のような場所に行くような仲になれば、ある程度自分が好きな服装でも問題ございません。
ただしカジュアルなアイテムを身につけただけだと、シンプル過ぎてつまらない印象になります。
リラックス感がありながらも色気を感じさせるためには、次のように少し工夫をする必要があります。

  • インナー…ロングTシャツやニット
  • アウター…ダウンジャケット
  • ボトムス…テーパードパンツ、チノパン、カーゴパンツ
  • 靴…キャンパスシューズ、スニーカー

引用:https://wear.jp/taku652002/15826631/

例えばニットとボトムス、アウターを組み合わせたコーデを想像してみましょう。カラーを統一すぎると、シンプル過ぎて、何かが物足りないことがわかるのではないでしょうか。
インナーに挿し色を持ってくれば、色気とこなれ感が出ます。
またアウターを脱いだときの印象もスタイリッシュです。
カジュアルなアイテムを多く使う場合は、重ね着、つまりレイヤードスタイルのコーデをするのもおすすめです。

テーマパークデートではラフ感の中に男らしさを加えるのも忘れずに

テーマパークデートはどの世代にも人気が高いデートスポット。
ただしデートだからと言って気合を入れてコーデをすると、後悔することになりかねません。
テーマパークデートでは歩いたり乗り物に乗ったりするため、動きやすい洋服を身につけることが大切。
そのためきれいめのコーデではなく、カジュアルなコーデに仕上げましょう。
例えば次のようなコーデがおすすめです。

  • インナー…ニット、パーカー
  • アウター…ダウンジャケット、ミリタリージャケット(フライトジャケット)、スタジャン
  • ボトムス…スキニーパンツ、チノパン
  • 靴…スニーカー

引用:https://wear.jp/goldmountain/15674011/

全体的に黒などのダークなカラーやデニムでまとめるとクールに仕上がります。
ダウンジャケットやミリタリージャケットなどのハードなアウターを選んで、男らしさを出しましょう。
ミリタリージャケットはフライトジャケットを選べば軽いので快適に動けます。
スタジャンを選ぶ場合は複数の色が混ざっているスタジャンではなく、ダークカラーだけが使われているスタジャンを選びましょう。
一般的なスタジャンよりも男らしさがアップします。

イルミネーションデートはダークカラーでダンディに

イルミネーションデートは、これから恋がはじまりそうな2人にピッタリなロマンチックなデートスポット。
女性は光の下でも美しく見えるように、白系などの明るいカラーの洋服を身につけることが多いです。
そのため男性はダークカラーでまとめましょう。
女性がどのようなファッションコーデをしてきても、ダークカラーなら合わせやすいです。
また男らしさもアップします。
モテる男のイルミネーションコーデを参考にしてみましょう。

  • インナー…タートルネックセーター、ニット
  • アウター…チェスターコート
  • ボトムス…アンクルパンツ
  • 靴…革靴

引用:https://wear.jp/prv026/16670455/

インナーから靴までを茶若しくは黒系にして、キャメルなどの冬のイメージに合うカラーのアウターでアクセントカラーを加えるとダンディな雰囲気になります。
ニットを着る場合は首元が開くので、インナーと同系色のストールやマフラーを巻くと良いでしょう。
大人の雰囲気が出過ぎるコーデに思えるかもしれませんが、アンクルパンツを履いて靴下を見せれば抜け感が出るので少し若々しい印象になります。

ディナーデートはセットアップでクラシカルに決めよう

ディナーデートの際は、ドレスコードがないお店に行く場合でもきちんと感のあるコーデで出かけることが大切。
女性と一緒にディナーに行く場合は、ロマンチックな雰囲気のお店や高級感のあるお店に行くことが多いからです。
そのためファッションはきれいめのコーデに仕上げましょう。
以下にディナーデートに相応しいコーデをまとめました。

  • インナー+ボトムス…タートルネックセーターorロングTシャツor襟付きのシャツ+セットアップ
  • アウター…チェスターコート
  • 靴…革靴

引用:https://wear.jp/nagisa0324/16719374/

セットアップはグレー系のカラーを選べば、若い男性でも失敗しにくいです。
チェック柄が入ったセットアップを身につければ都会的な印象になります。
大人の男性の雰囲気を出す場合は、インナーに黒系のタートルネックセーターをチョイスしましょう。
少しカジュアル感が欲しいのならば、白系の襟付きのシャツやロングTシャツがおすすめです。
スーツのように見えがちなセットアップも、アンクル丈のボトムスを選べば抜け感が出ます。
長めの靴下を履いて靴下を見せればモード系に、短めの靴下を履いて足首を見せれば大人の色気が漂うコーデが完成します。

温泉デートはシンプル+男らしさを感じるコーデが良い

温泉デートまで行くのであれば、ほぼ付き合える若しくは付き合っている段階だと思います。温泉デートは移動距離が長くなることがほとんどで、そこまでおしゃれな着こなしをするよりは自分の好きな服装、動きやすくて楽なメンズコーデがおすすめです。
以下のようなコーデで出かけると良いでしょう。

  • アウター…ダウンジャケット、スタジャン
  • ボトムス…チノパン、スキニーパンツ
  • 靴…スニーカー
  • 鞄…リュックやバックパック

引用:https://wear.jp/lowjack1985/13136536/

幼く見えがちなアイテムばかりですが、黒系のカラーを多く使えば大人っぽい印象を与えられます。
例えば黒色のスタジャンとスキニーパンツに、白色のニットを合わせるなどです。
シンプルですがニットの大きい網目とスタジャンのデザインがアクセントになるので、つまらないコーデになるのを防げます。
アクセサリーを身につければよりセクシーな印象になるでしょう。
足元はスニーカーがマスト。
白系のきれいめなスニーカーを選べば上品な雰囲気になります。
また脱ぎやすくて履きやすいため、日帰り温泉デートにピッタリです。

まとめ

冬のデートコーデは、シンプルかつ清潔感と男らしさを感じるコーデを目指しましょう。
シンプルで無難なアイテムでもカラーの濃淡をつけたり重ね着をしたりすればこなれ感が出ます。
女子ウケの良いアクセサリーを入れるなどして、必ず色気を感じさせるコーデにしましょう。
1回目のデートと3回目のデートは、きちんと感のあるきれいめなコーデに仕上げるのがおすすめ。
2回目はカジュアル感をアップさせても良いでしょう。
またモテる男のように、シーンに合わせてコーデを考えることも大切です。
ただし清潔感と男の色気は忘れないようにしましょう。
いつも女性をドキドキさせられるコーデを心掛けて、デートを成功させてくださいね。