女性から見たモテる男とモテない男の知っておくべき10個の違い!

モテる男とモテない男には、一体どんな違いがあるのでしょうか?
モテない男は、自分の顔や身長などの外見が原因でモテないのだと考えることが多いかもしれませんね。
でも実際は、男性の顔だけを見て好きになる女性はほとんどいません。
例え外見が女性の好みではなくても、その人の内面を知ることでどんどん惹かれていくことのほうが多いのです。
そのため自分の内面を磨くことが大切。

今回紹介するモテる男の10カ条と一緒にモテない男との違いも参考にして、つい女性が引き寄せられてしまうような魅力的な男性になりましょう。

モテる男の10カ条 その1 清潔感がある

女性は男性の外見だけを見て好きか嫌いかを判断するわけではありませんが、清潔感は重要な判断材料。
やはり清潔感がある男性は好感を持たれます。
モテる男は次のような点に気を配っています。

  • 髪…フケや脂っぽさがない。整えられている
  • 肌…潤いがある。手入れをしていることがわかる
  • ひげ…処理している。もしくはきちんと整えられている
  • 歯…黄ばみや黒ずみがない。口臭がない
  • 爪…整えられている
  • 鼻毛…処理されている
  • 洋服…洋服を雑に扱っていることがわかるようなシワがない

身だしなみを整えることは、人と会うときのマナーとしては当然のことですよね。
モテる男はそれがしっかりできています。
流行りの髪型にしていなくても、清潔に保たれていることがわかるのです。
またすれ違ったときに、柔軟剤や洗剤などの爽やかな香りがすることも多いです。
モテようとしているイヤらしさが感じられないので、香水の香りよりも女子ウケが良いです。

モテない男は身だしなみに気を配らない

一方モテない男は身だしなみをそれほど気にしないため、女性からの印象が悪くなってしまいます。
以下でモテない男がやりがちな身だしなみを見ていきましょう。

  • 髪…脂っぽい。フケがついている。ボサボサ。
  • 肌…肌荒れがある
  • ひげ…剃っていない。無精ひげに見える
  • 歯…タバコのヤニ汚れや虫歯が見える。口臭がある
  • 爪…伸びている。爪の間に汚れが溜まっている
  • 鼻毛…飛び出している
  • 洋服…シワがたくさんできている(服を雑に扱っていることがわかる)

髪や肌の手入れはできていても、歯の手入れまではしっかりできていない男性も少なくありません。
しかし歯は笑ったときによく見えます。
そのときに黄ばみや虫歯が見えたら、不潔に思われることは想像できますよね。
いくら他の部分を清潔にしていても、口の中が不潔だと悪い印象を与えてしまいます。
しかし逆に手入れをしすぎても女性に引かれてしまうもの。
例えば髪の毛にワックスをたくさんつけたり、爪に透明なマニキュアを塗ったりなどです。
あまりに身だしなみを気にしすぎると、ナルシストな男性だと思われてしまうので注意が必要です。

モテる男の10カ条 その2 尊敬できるところがある

モテる男には尊敬できる部分があるもの。
例えば男性の次のようなところを見て、ドキッとすることが多いようです。

  • 仕事ができる
  • 仕事のミスをさりげなくフォローしてくれる
  • 誰にでも平等に接する
  • ボランティア活動に取り組んでいる
  • どんなときも余裕を持って対応する
  • 堂々としている

そのため社会人の女性の場合は、自分よりも年上の落ち着いた男性に魅力を感じるケースが少なくありません。
しかしもちろん年が若くても、女性から尊敬される男性はたくさんいます。
向上しようとする姿勢に魅力を感じるのです。
また仕事以外でも、地域の活動やボランティア活動などに積極的に参加している男性は魅力的に見えるもの。
その男性にとっては当たり前のことをしているだけなので、そのような行動を自慢気に話すこともありません。
その姿勢に益々尊敬の気持ちが芽生えるのです。
堂々としている男性も魅力的ですが、堂々としようと意識している男性は女性から見抜かれてしまいます。
あるがままの自分を認めている男性は、自然と堂々として見えるもの。
人と自分を比べることもないため、誰にでも平等に接することができます。

モテない男は向上心や他人への関心がない

逆に次のような態度をとっている男性は、女性だけでなく男性からも尊敬されにくいです。

  • 人の悪口を言う
  • 自分のことばかり考えている
  • 適当に仕事をしている
  • 向上心がない
  • 自分の言葉に責任を持たない
  • 相手を見て対応を変える

口を開けば誰かの悪口ばかり…という男性もいます。
女性でも悪口ばかり言う人は嫌われますが、男性ならば尚更。
頼りない男性に思われてしまうでしょう。
仕事においても退社時間まで適当に仕事をしている男性には、尊敬の気持ちが芽生えません。
このような男性は大体自分にしか関心がないため、みんなで一緒に何かを成し遂げようという気持ちや、誰かのために何かをしようという気持ちも薄いです。
そんな男性を魅力的に感じる女性はいないでしょう。
また言動が一致しない人や相手によって態度を変える人も、男としてだけでなく人としても信頼されにくいです。

モテる男の10カ条 その3 誠実

誠実なのもモテる男の条件の1つ。
モテる男は女性に対して次のような対応をしてくれます。

  • 女性の気持ちをもてあそばない
  • 自分の気持ちをストレートに伝える
  • 女性の話をきちんと聞いてくれる
  • 噓をつかない
  • メールや電話をなるべく早く返してくれる

モテる男はこの人が好きだなと思ったら、その気持ちを素直に女性に対して伝えてくれます。
もし相手が同じ気持ちでなかった場合は、相手の気持ちを尊重してそれ以上強引に自分の気持ちを押しつけるようなことはしません。
女性の話も親身になって聞いてくれます。
もし悩みがある場合は解決法を一緒になって考えてくれるため、女性は次第に頼もしく感じるようになります。
自分の話を聞いてくれる人に対しては安心感を抱くため、次第に心が動いて友人から恋人に発展することも少なくありません。
また嘘をつかないことや、メールの返信をするということも重要なポイント。
女性に対してどんなに優しく接していても、嘘が多かったりメールの返信をしなかったりすると信頼されなくなります。
ただしあまり女性にばかり熱心になっていると、逆にうんざりされてしまうかもしれません。
自分の時間を大切にしながら女性と接するときは誠実に対応するという、ほど良いバランスが大切なのです。

チャラい男はモテない

危うい男性は魅力的ですが、チャラい男性と真剣につき合いたいと考える女性はほとんどいません。
年を重ねるほど、危うさよりも安心感を求めるようになるからです。
そのため次のような対応をする男性は、女子ウケが悪いです。

  • 女性に告白をさせようとする
  • 女友達が多い
  • 遊び相手を何人もキープしている
  • 人の話を適当に聞く
  • メールや電話への返信がない

女友達がいるのは構いませんが、それを女性に対して自慢げに話す男性はNG。
女性側は、自分のことを大切にしてくれなさそうだと感じてしまいます。
しかし逆に何人も遊び相手がいるのにも関わらず、誠実そうに見せている男も嫌われます。
遊び相手が多いのはモテる男の証拠だと思うかもしれませんが、真剣につき合える女性とは出会えないでしょう。
スマートフォンやテレビを見ながら人の話を聞く人や、なかなかメールの返信を返さない人なども印象が悪いです。

モテる男の10カ条 その4 ギャップがある

タイプではない男性でも、ギャップを見てキュンとすることも。
特に女性は、男性のギャップに弱い傾向にあります。
例えば次のようなギャップは女子ウケが良いです。

  • 普段はふざけてばかりいるのに仕事には真剣に取り組む
  • 強面なのに子供やお年寄り、動物に優しい
  • 体育会系なのにスイーツが好き
  • インドア派に見えるのにアウトドア派
  • チャラそうに見えるのに誠実
  • スーツ姿は地味なのに私服はおしゃれ
  • 私服姿だと草食系なのに制服姿だと凛々しく見える

特に女子ウケが良いのが、ガッチリとした体型の男らしい男性が優しい一面を見せるギャップ。
また普段のスーツ姿からおしゃれな私服姿を見たときに、キュンとすることもあります。
逆に私服姿からスーツや制服に着替えたのを見てドキドキすることも。
モテる男にはこのように何らかのギャップがあるものです。
ただし女子ウケが悪いギャップもあります。
頼りがいがあって男らしく見えるのに、実はケチだったりグチが多かったりすると女性に引かれてしまうので注意しなければなりません。

意外性がない男はモテない

優しい男性や誠実な男性は女子ウケが良いです。
このような男性は自分を大切にしてくれそうだと思うため、多くの女性が好感を持ちます。
しかしだからと言って優しくて誠実なだけだと、女性の心は離れやすいです。
意外性がないと、いい人だとは感じるもののそれ以上の感情が芽生えにくいのです。
特に女性の言うことに対して何でもYESと答える男性は、次第につまらない男だと思われてしまうでしょう。
何でも言うことを聞いてくれる都合の良い男という扱いになってしまいます。
そのため時には意外性のある行動をして、女性をドキドキさせることが必要。
これは吊り橋の上で行った実験で実証された、吊り橋理論にも当てはまります。
吊り橋の上で緊張してドキドキすると、一緒にドキドキ感を体感した相手に対して好意を抱きやすくなるという理論です。
実験を行った心理学者のスタンレー・シャクターも、次のように述べています。

心理学者のスタンレー・シャクターは、実際には「出来事→感情→その感情への解釈」という、感情が認知に先立つ経路もあると考え、情動二要因論という情動の認知説を唱えた[1]。
情動二要因論を恋愛で言えば「魅力的な異性に出会う→ドキドキする→これは恋?」という流れとなる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/吊り橋理論

つまり振り向いて欲しい女性に対してドキドキ感を与えられれば、自分に対して好意を抱いてくれる可能性が高まるということ。
優しいばかりでなく、オスとしての魅力を見せることも大事です。

モテる男の10カ条 その5 気配りができる

男性は気配りができる女性に魅力を感じるのではないでしょうか?
それと同じく女性もまた、気配りができる男性に惹かれます。
例えば次のような気配りができる男性は魅力的に見えます。

  • 女性や高齢者の重い荷物を持ってくれる
  • 飲み物を持って来てくれる
  • 歩道の外側を歩いてくれる
  • 公共交通機関で高齢者に席を譲る

中には人として当たり前の行動もありますが、実際は行動に移せない男性も多いもの。
モテる男はどのようなシーンにおいても、女性に限らず高齢者や子供などにも気配りができます。
しかもさりげなく行動するため、やってあげてるんだから気づいてね!というイヤらしさがないのです。
歩道の外側を歩くときや重い荷物を持つときも自然です。
ふとした瞬間に歩道の外側に移動したり、そっと荷物を持ってくれたりします。
また困っている人に対しても親切。
そんな男性を見ると多くの女性は次のように感じます。

  • 優しそう
  • 頼りがいがある
  • 仕事ができそう
  • つき合ったら大切にしてくれそう

そのため気配りができる男性はモテるのです。

モテない男は周囲の変化や人の気持ちに気づかない

気配りができない男性はモテません。
以下に気配りができない男性の行動の一例をまとめました。

  • 体調が悪くても気づかない(約束を強行しようとする)
  • ヘアスタイルを変えても気づかない
  • 重い荷物を持ってくれない
  • 自分の分だけ飲み物を持って来る
  • 公共交通機関で席を譲らない

体調が悪そうにしているのに、遊びの約束や食事会の約束などを強行するのは言語道断。
自分のことしか考えていない人なのだなとがっかりされてしまいます。
また例えば皆で食事に行ったときに、セルフサービスの水やお茶を自分の分だけ持ってくる男性も同じです。
周囲のことが全く見えていない人だと思われるでしょう。
そうすると女性は次のように考えます。

  • 冷たそうな人
  • 自分勝手な人
  • 仕事ができなさそう
  • 出世が望めなそう
  • つき合ったらケンカが絶えなさそう
  • 結婚したら家事や育児に協力をしてくれなさそう

しかしだからと言って、改善しようと思ってもすぐに改善できるものではありません。
そのため常に周囲の変化を感じられるように意識をして、行動に移すことが大事です。

モテる男の10カ条 その6 目標がある

目標に向かって頑張っている男性はモテます。
男性だけでなく女性でも、目標がある人はキラキラと輝いて見えますよね。
生き生きとした目をしている上に言動も前向きなので、魅力的に見えてつい引き寄せられてしまうのでしょう。
目標が大きければ大きいほど魅力的に感じますが、しっかりそれに向かって努力しているということも重要です。
そんな男性を見ると女性は、応援したい!自分にもできることはないか?と考えるもの。
また将来の期待感も高まります。
次のような小さい目標でもOKです。

  • 夏までに上半身の筋肉をパンプアップする
  • 1年に最低2回は旅行に行く
  • キャンプを上達させる
  • 資格を取る

大きい目標でなくても、目標を持ちそれに向かって努力している人は楽しそうに見えます。
一緒にいても楽しい気持ちになるので、ずっと一緒にいたいと思うのです。
ただしそのときの自分のレベルを理解しているということも大事。
そのような男性は一歩ずつ着実に目標を実現させる確率が高いです。
目標を確実に実現させている姿を見ると、男性への期待感は益々高まります。

何となく毎日を過ごしている男はモテない

目標が何もなく、ただ何となく毎日を過ごしている男性には魅力を感じないもの。
何かを必死に追って自分のものにしようとする野心が感じられないため、オスとしての魅力を感じないのです。
俺なんかと自分を見下すような言葉を言ってみたり休日にお昼過ぎまでダラダラと寝ていたりなど、ネガティブな言動も目立つ傾向にあります。
そんな男性と一緒にいても楽しいと思うはずがありません。
そのため女性側は、この男性とは距離を置こうと思ってしまいます。
また目標があっても、次のような男性には魅力を感じません。

  • 目標を口にするものの行動に移さない
  • すぐに諦める

いくら立派な目標があったとしても、行動に移さない男性もいます。
最初は目標があって素敵!と思われるかもしれませんが、一向に行動に移す気配がなければ口だけの男なのだなと呆れられるでしょう。
また夢や目標をすぐに諦めてしまう男性にも、女性はがっかりします。
目標を実現させる能力の低い男イコール仕事ができない男とも思われてしまうでしょう。
このように口に出してばかりで行動しなかったりすぐに諦めてしまったりすると、頼りがいがない男、この先も期待感が持てない男というレッテルを貼られる可能性大。
またこのようなタイプの男性に嫌悪感を抱く女性は多いです。

モテる男の10カ条 その7 ポジティブ

ポジティブな考え方や発言をするのもモテる男の特徴。
もし何かトラブルがあっても、自分で上手く対処できます。
精神的に安定していて周囲の人にグチを言うこともないため、一緒にいると安心感が得られます。
また女性の相談を聞くときも、ネガティブな発言はしません。
例えば仕事の失敗について相談するとします。
その際モテる男は、次のような前向きな言葉をかけてくれます。

  • こうすれば上手くいかないということがわかったんだから1つ成長できたじゃない
  • また次に同じ失敗をしないようにすれば大丈夫だよ!
  • 失敗をしない人なんていないよ

このように声をかけられたり明るい雰囲気で励まされたりしていると、相談した側はどうしてこんなに落ち込んでいたのだろうと思えるように。
話しているうちに、気持ちが前向きになれるパワーを持っています。
特に女性はホルモンのバランスによって気持ちが落ち込む周期があり、そんなときは些細なことでもネガティブな思考になりがち。
しかしそんなときでもネガティブな発言を一度全て受け止めてから前向きになれるような発言をしてくれるため、イライラしているときでもその発言を素直に受け入れられるのです。

モテない男はネガティブな発言が多い

次のようにネガティブな発言ばかりしている男性は、女性からも男性からも敬遠されます。

  • どうせ俺なんか…
  • 俺にできるわけがないし…
  • 疲れた、眠い、痛い
  • 学生の頃は良かった

このようにネガティブなことばかり言うのは、今の自分に自信がない証拠。
だからと言って努力をするわけでもなく、ネガティブな発言ばかりを繰り返している男性とは誰だって一緒にいたくありませんよね。
このような発言を聞かされているほうも答えに困ります。
また女性が前向きな発言をしたときに、次のようなネガティブな発言をすることもあります。

  • 女性…釣り堀に行ってみようよ!
  • 男性…寒いしエサをつけるのが大変そうだからな…
  • 女性…仮装パーティーに行こうよ!
  • 男性…あんなのただうるさいだけじゃん。疲れるから嫌だよ

このような会話が多いと、女性も男性に声をかけるのが嫌になってきます。
ネガティブな発言をする男性は仕事に対するモチベーションも低いため、出世もあまり望めません。
そうすると益々この男性に近づきたい!とは思われなくなってしまいます。

モテる男の10カ条 その8 支払いがスマート

近頃は男性でも女性でも、平等に支払いをするケースが増えてきました。
しかしやはり男性がスマートに支払いをしている姿を見ると、女性はときめいてしまうもの。
モテる男は次のような方法でスマートに支払いを済ませます。

  • トイレに行ったついでに支払いをする
  • 女性が席を外したタイミングで支払いをする
  • 先に支払いを済ませておく
  • カフェでは女性の注文を聞いて席に座らせ、男性が支払いをする

また女性に料理などの金額を見せないようにする気遣いもあります。
行動がスマートなだけでなく女性にお金の心配をさせないように配慮してくれるため、素敵な人だなあと思われるのです。
これはお金持ちの男性だけじゃなく、一般の男性にもできること。
もし女性と2人で出掛けるチャンスがあったら、自分の身の丈に合ったお店に行けば良いのです。
女性と2人で出掛けなくても、モテる男はお金のことをくどくど言わないので、お金にうるさくない人なのだろうなと判断できます。

ケチな男はモテない

モテない男は支払いの際、女性に割り勘を要求します。
1円単位で平等に支払うことを求めるため、女性はうんざりしてしまうのです。
つき合っているのならば割り勘で支払うこともあるでしょう。
しかし狙っている女性や気になる女性に割り勘を要求する男性は、男性としての魅力に欠けます。
またケチな男には次のような特徴もあります。

  • すぐにお金の話をする
  • ポイントを集めている
  • 人からもらってばかりで自分からは何も返さない
  • 損得勘定で考える
  • いつもお金がないと言う

ケチでモテない男は、お金が欲しいとかお金がないなどというセリフを頻繁に言います。
周囲の人にもすぐにそれいくら?安い?など金額を聞くため、お金にうるさい人という印象が強くなってしまうのです。
またポイントを必死に集めている男性も、女性からは器が小さい人に見られるでしょう。
もしかしたら結婚したら節約に協力してくれる良い夫になるかもしれませんが、男性としての魅力には欠けます。
そのためポイント集めは、女性にバレないようにひっそりと集めたほうが良いです。
誰かから何かをもらったときもラッキーと思うだけでなく、自分も何かお返しをしましょう。
人からもらってばかりいると、あの男はケチだという噂が広まってしまいますよ。

モテる男の10カ条 その9 自然に声をかけられる

モテる男は女性への声のかけ方が自然です。
しかし馴れ馴れしいのではありません。
適度な距離感を保ちながら話しかけることができるため、下心を感じないのです。
そのため女性側は、なんて爽やかな男性なのだろうと感じます。
コミュニケーション能力も高いため、それほど親しくない相手とも質問と答えだけの会話だけでなく、プラスアルファのセリフをつけ加えてその場を和やかな雰囲気にしてくれます。
エレベーターでの会話の一例を以下で見ていきましょう。

  • 男性…何階ですか?
  • 女性…3階です
  • 男性…暑いですねー
  • 女性…そうですね

この程度の短いフレーズでも、その場の雰囲気は変わります。
また女性だけではなく同性やお年寄り、子供に話しかけるときもナチュラル。
女性はそんな姿を見ると、爽やかで素敵な男性だなと感じます。
話すときもきちんと目を見る男性が多いため、しっかりとした人間性が垣間見えて好印象になります。

オドオドしている男や馴れ馴れしい男はモテない

女性と話すときにオドオドしている男性は、女性ウケが悪いです。
女性慣れしていないのかもしれませんが、そのような男性は頼りなく感じます。
このような男性は、まず人と堂々と話せるようになる練習をしたほうが良いです。
女性と話すのが苦手ならば同性でも構わないので、とにかく話す練習をしましょう。
その際は相手の目を見ながら会話の練習をすることをおすすめします。
また次のような男性も女性からは毛嫌いされます。

  • 馴れ馴れしい
  • スキンシップが多い

それほど親しくないのに、馴れ馴れしく話しかけてくる男性もいます。
例えば下の名前で呼んだり至近距離で会話をしたりなどです。
相手との親密度によって心地よいと感じる距離は違います。
それなのにモテない男はそれをわかっていないため、相手が不快になるテリトリーにまで入ってきてしまうのです。
スキンシップが多い男性も、下心が見えるのでうんざりされてしまいますよ。
またほとんどの女性が、頭をポンポンとされたり肩を抱かれたりするのを喜ぶと思っている男性も。
しかしそれほど親しくない男性や好きでもない男性にそのようなことをされて、うれしいと感じる女性はほとんどいません。

モテる男の10カ条 その10 マメに連絡をする

マメな男性は遊び人というイメージがありますよね。
そのようなマイナスなイメージもありますが、それでもマメな男性はモテます。
それほど興味がない男性でも頻繁に連絡をもらうと、その男性のことが気になるようになってしまうのです。
例えばメールなどで次のようにしてこまめに連絡をくれます。

  • 今日も頑張ろうね!
  • 今日○○の日じゃなかった?気をつけて行ってね
  • 今日のプレゼン大変だったね。お疲れさま
  • そう言えばヘアスタイル変えたよね?似合っているよ

例えばそれほど親しくない男性から、ヘアスタイルが似合っているなどというメールをもらった場合は、気持ち悪いと思う女性が大半。
しかしモテる男は相手との親密度に合った内容のメールを送ることができるため、女性はうれしく感じるのです。
またモテる男は女性が自分に好意を持ってくれたタイミングで、メールを送る回数を減らすなどの駆け引きのスキルも持っています。
そのため女性はどんどん男性に惹かれていくのです。

マメじゃない男はモテない

男なんだから必要なこと以外は連絡をとらなくても良いのだ、と考える男性も多いかもしれませんね。
会って話したほうが、気持ちや話の内容が伝わりやすいと考える男性もいるでしょう。
夫婦やつき合いが長いカップルならそれでも愛情は変わらないかもしれません。
しかしモテるかモテないかで考えた場合は、マメに連絡をしない男はあまりモテません。
連絡先を交換したとしても連絡が来なければ、女性は自分に興味がないのだなと判断してしまいます。
女性からメールを送っても、質問に対する答えだけ返ってきてそれ以上の連絡がなければ、自分に関心がないのだなと感じてしまいます。
実際はマメに連絡をしなくても、連絡先を交換した女性に対して好意を持っていることもあるでしょう。
シャイなために連絡をできないだけかもしれません。
しかしそれでは気持ちが伝わりません。
恋の駆け引きをしているつもりでも、引いてばかりだと女性に振り向いてもらえませんよ。
まずは男性からアプローチをすることが大事です。

まとめ

モテる男とモテない男の違いを、女性の目線でまとめてみましたがいかがでしたか?
ルックスが良い男性は確かにモテます。
ただし決してそれだけでないことは、今回のまとめを見ればわかるはず。
見た目に関しては、とにかく清潔にして爽やかさをキープすることが大事です。
どんなにルックスが良くても、不潔な男性には近づきたいと思いません。
そのためモテたいと思うなら、まずは身だしなみを整えましょう。
あとは内面を磨くことが重要。
自分に自信がある男性は生き生きとしていて、周囲の人にも優しいです。
そのような内面は男性の雰囲気となって現れるため、周りから見ていてもわかります。
そのためルックスがそれほど良くなくても魅力的に見えるのです。
悪口を言わないなどの小さなことから改善してどんどん内面を磨き、女性に素敵!と思われるような男性になってくださいね。

NO IMAGE

FLB - FASHION/LIFE STYLE/BUSINESS