モテる男の絶対必須なLINE術「LINEテクニックパーフェクトマニュアル」

今や多くの人にとってLINEは、生活の中になくてはならないコミュニケーションツールになっています。
メールと違ってメッセージのラリーが早く、リアルタイムで会話をしているように感じられるのがLINEの特徴です。
そのため直接会わなくても、LINEを利用すれば女性にモテるようになるのではないかと考える男性も少なくありません。
しかしモテようと思うあまり、女性に引かれるメッセージを送ってしまう男性が多いのも事実。
モテる男になるためには実際にモテる男が使っているテクニックを利用して、女性からこの人ともっと話したいと思われるような男性になることが大切です。

女性との今の関係性を見極めることが大事

まずは女性と自分の現時点の関係性を見極めることが大切です。例えばそれほど親しくないのに歯の浮いたようなセリフを言われると、女性側は気持ち悪いと思うからです。ですので関係性を見極めて、それに合った内容のメッセージを送らなければなりません。次の関係性のうち、自分たちの関係性はどの段階なのかを冷静に見極めましょう。

  • 知り合ったばかりで共通の話題が少ない
  • 気軽に話ができる
  • 友達以上恋人未満

もしまだそれほど親しくないのなら、とりあえずコンスタントにコミュニケーションをとって女性をつなぎ止めておくことが大事。
ですのでまずは自分の存在を忘れさせないためのテクニックを活用しましょう。
次の項目でそのテクニックを紹介していきます。
その後関係性が変化するにしたがって、自分の印象を強くするテクニックや好感度を高めるテクニックなどを使うのがおすすめです。
ただしLINEだけで関係性を深めようとするのはNG。
いくらLINEのテクニックを駆使しても、相手のことを良く知らない状態だと女性の心に響かないからです。
そのため基本的には会って関係性を深めながら、LINEを活用するようにしましょう。

女性をつなぎ止めておくためのLINE術 定期的にメッセージを送ろう

まだそれほど親しくない関係性ならば、女性が自分を忘れないように存在感をアピールしなければなりません。しかし頻繁にLINEを送ると、逆に嫌われてしまいます。あまりにしつこいと、ストーカーと勘違いされることもあるでしょう。そのため1週間から2週間に1度くらいのペースでLINEを送るのがおすすめ。ただし突然突拍子もないメッセージを送ると、気持ち悪がられてしまいます。ですのでその人しか知らない情報を聞いたり、以前会ったときに話した内容について話したりすると良いでしょう。例えば次のようにメッセージを送ると自然です。

  • そういえば○○さんの仕事って○○系だよね?友達が興味を持っているんだけど、仕事に就くのには資格が必要なのかな?
  • この前教えてくれた映画観たよ。この俳優って○○っていう映画にも出てたよね?

このようなメッセージならば下心を感じないため、女性の警戒心が和らぎます。
定期的にLINEを送れば、単純接触効果(繰り返し接すると印象が高まる効果)が期待できるので次第に自分の印象が強くなるでしょう。

メッセージの中に女性の名前を入れよう

ただ単に用件を伝えるだけでなく、女性の名前も入れて用件を伝えたほうが良いです。そうすると女性は、自分のことを気にかけてくれているのだなと感じるからです。ただし最初は苗字で呼ぶのがおすすめ。特に社会人の場合は、最初から下の名前で呼ぶのはおすすめできません。次のような印象を与えてしまう可能性が高いからです。

  • 馴れ馴れしい人
  • 軽い人
  • 女性を見下している人
  • 礼儀に欠ける人

ですので距離を近づけたいと思っても下の名前で呼ぶのではなく、最初は苗字で呼んだほうが良いです。
また苗字で呼ぶと下心も感じにくいので、女性側も気軽にLINEができます。
今後関係性が深まってきたら、タイミングを見て下の名前で呼んでみると良いでしょう。
最初から名前で呼ばれるよりもドキドキ度がアップするので、男性のことを意識する確率もグンと高まります。

話し上手な男はモテない!聞き上手な男を目指そう

直接会って話をするときと同じように、LINEでも聞き上手になることが大事。女性は誰かに自分の話を聞いてもらうことで安心感を抱いたり、気持ちが満たされたりすることが多いからです。そのため次のテクニックを使って、聞き上手な男を演出しましょう。

  • 相槌をうつ
  • 女性の話を繰り返す(オウム返し)

これらのテクニックを使うことで、女性はちゃんと自分の話を聞いてくれているのだなと感じやすくなります。ただし同じ相槌を繰り返したりオウム返しをし過ぎたりすると、逆に話を聞いていないように思われるので注意が必要です。相槌をする際は、以下のような複数の相槌を使い分けましょう。

  • うん、うん
  • へぇ
  • そうだね
  • そうなんだ

また以下の「さしすせそ」も使えばバリエーションがより豊かになります。

  • さ…さすがだね
  • し…知らなかったよ
  • す…素敵だね
  • せ…センスが良いね
  • そ…それはすごいね

ただし聞いているだけではつまらないLINEになってしまいます。
ですので聞き上手になるだけでなく、プラスアルファのテクニックも必要です。
次の項目でそれらのテクニックを見ていきましょう。

女性の気持ちをくみ取って共感することが大切

LINEで女性の話を聞いたら、その気持ちに共感してあげることが大切。頑張っているね、大変だったねなどと、女性の気持ちに寄り添うメッセージを送ってあげましょう。例文を以下にまとめました。

  • 女性…今日忙しくて大変だったー。バイトの子が急に休むから…。
  • 男性…そうなんだ。お疲れさまー!大変だったね。
  • 女性…こんなに忙しいときに2人だけなんてあり得ないよ。
  • 男性…わかるよ。2人でよく頑張ったね。

このように共感してくれると、自分が認められているような気持ちになるため心が満たされるのです。
ただし聞き上手プラス共感のテクニックを使ったメッセージを送るだけでは、女性は物足りなく感じるでしょう。
嫌われたくないだけなのかな?と思われるかもしれません。
そのためたまには自分の話をすることも大切です。

女性と男性の話す割合は7対3が良い

相手の話を聞いたり共感したりするだけでなく、自分の話も混ぜながらメッセージを送ったほうが良いです。女性の話を聞いてばかりいると、都合の良い男やつまらない男と思われる可能性が高いからです。ですので相手の話を聞いたら、今度は少しだけ自分の話もしましょう。相手の話が7くらいで、自分の話は残りの3くらいにすればバランスが良いです。以下のようにしてメッセージを送ってみましょう。

  • 女性…今日忙しくて大変だった。バイトの子が休むから
  • 男性…そうなんだ。大変だったね。お疲れさま!
  • 女性…こんなに忙しいときに休むなんて…
  • 男性…俺もこの前バイトの子が休んで大変だったからその気持ちわかるよ。よく頑張ったね。

このように自分の話を少し入れたほうが、しっかり話を聞いている感じが相手に伝わります。ただし自分の意見や正解を伝えるのはおすすめできません。例えば次のようなメッセージです。

  • もっと余裕を持ってシフトを組んだら良いんじゃない?
  • 今はどこも忙しいから大変な思いをしている人は多いよ。だから頑張って。

励ましているつもりでも、このようなメッセージを送られるとイラッとしてしまうでしょう。
ですのであくまでも女性の話に共感するためのひとつの手段として、自分の話をするようにしてくださいね。

興味のない話でも共感しよう

ときには全く興味のない話をされることもあるでしょう。そんなときに次のようなメッセージを送るのはやめたほうが良いです。

  • 女性…この前○○っていうホラー映画を観たんだけど、久しぶりに怖いと思える映画だったよ。
  • 男性…そうなんだ。ゴメン。俺ホラー映画には興味がないから観ないんだ。

このようなメッセージを送ると、それでラリーが終わってしまいます。女性側も自分とは趣味が合わないのだなと感じるでしょう。ですので自分が興味のない話でも共感したほうが良いです。例えば以下のようにメッセージを送るのがおすすめです。

  • 女性…この前○○っていうホラー映画観たんだけど、久しぶりに怖い映画に出会ったよ。
  • 男性…怖いの好きなんだね。俺はあまりホラー系の映画を観ないんだけど人気の映画だよね。他にも最近観た映画ある?

このように返信すればラリーを続けられる上に、女性も自分の好きなものを否定されたようには感じないでしょう。
しかも男性側の考えも入れているので、女性に媚びているようには感じません。

同じ時間にメッセージを送ろう

関係性が深まるまでは、いつも同じ時間にメッセージを送るのがおすすめ。同じ時間にメッセージを送り続けていれば、女性側も毎日その時間にメッセージが来ているかな?と意識するようになるからです。長文や疑問形のメッセージだと読んだり返信をしたりするのが面倒になってしまうので、短くてシンプルなメッセージを送るようにしましょう。例えば以下のような挨拶だけでもOKです。

  • おはよう
  • 今日も頑張ろう
  • お疲れ様
  • おやすみ

最初はどうしてこのようなメッセージを送ってくるのだろうと思われるかもしれません。
しかし毎日同じ時間帯にメッセージが送られてくると、その時間にメッセージを送られてくるのが当たり前になります。
そのようにして毎日同じ時間帯に男性からメッセージが送られてくるのが当たり前のことと思わせることが大事なのです。
そうすることで今よりも関係性が深くなったときに使うLINEのテクニックがいきてきます。
そのテクニックは以下の女性との関係を一歩先へ進めるためのLINE術で紹介するので、関係性が深まってきたら使ってみましょう。
ただしいくらシンプルで短いメッセージでも、1日に何度も送るのはおすすめできません。
親密でないうちは、ストーカーのように感じることもあるからです。
ですので同じ時間帯にメッセージを送るのは1日に1回くらいにしておいたほうが良いです。

文章量や返信のタイミングは相手に合わせたほうが良い

関係を深めようと思うと、ついメッセージが長くなってしまいがち。
しかし好きでもない男性から長文のメッセージが来てうれしいと感じる女性はほとんどいません。
ですので長文のメッセージは送らないようにしましょう。
メッセージのボリュームは相手の女性に合わせるのが理想的。
そうすれば何とも思っていない男性からのメッセージでも嫌な気持ちになりにくいです。
返信のタイミングも女性に合わせましょう。
例えば30分くらいで女性から返信がくるのなら、なるべく自分もそれくらいの間隔で返信したほうが良いです。
これはミラーリング効果と言って、相手が自分と同じ行動をすることでその相手に対して好意を持ちやすくなるという効果が期待できるからです。
ただし常に一緒のタイミングで返信をすると、逆に気持ち悪がられてしまいます。
そのためたまに返信するタイミングを少し遅らせましょう。

すぐにメッセージを返信するのはNG

女性からメッセージが来てうれしくても、すぐに返信をするのはおすすめできません。
女性側からしてみれば、自分からのメッセージを待っていたように感じるからです。
そうすると下心があるように感じてしまうので、気軽にメッセージを送れなくなってしまいます。
また男性からすぐに返信がくると、自分も新しいメッセージを送らなければならないと焦ってしまいます。
ですので女性が早く返信をしてきても、男性側からはすぐにメッセージを返信するのはやめましょう。
では女性は何分以内であれば返信が早いと感じるのでしょうか?
以下でそのデータを見ていきましょう。

★第1位…10分以内…76.1%
★第2位…30分以内…15.8%
★第3位…1時間以内…3.9%
★第4位…3時間以内…1.2%
★第5位…当日中…0.9%
引用元URL:LINEの返信が早いと脈アリ!? 男性心理を詳しく解説

このデータを見ると、10分以内に返信がくると早いと感じる女性が多いことがわかります。
そのためそれほど親密ではない女性に返信を送るときは、最低でも10分以上間隔をあけましょう。

実は女子ウケが悪い。絵文字の使い過ぎに注意して!

モテない男は絵文字や顔文字、スタンプなどを乱用しがち。
絵文字などを使ったほうが、女子ウケが良いと思っているのでしょう。
好きな男性からならばハートなどの絵文字をもらうとうれしいと感じるかもしれません。
しかしまだそれほど親しくない男性から色々な絵文字を送られると、困惑してしまいます。
絵文字やスタンプの種類によっては、気持ち悪いとまで思われてしまうかもしれません。
ですので最初のうちはなるべく絵文字やスタンプなどは使わないほうが良いです。
もし女性が絵文字やスタンプを送ってきたのなら、男性もたまに絵文字やスタンプを返すと良いでしょう。
その際は女性と同じ絵文字やスタンプを返すのがおすすめです。
先でも述べたように、ミラーリング効果が期待できるからです。
関係性が深まってきたら、色々な種類の絵文字やスタンプを使ってみましょう。
ただし関係性が深まってきたとしても、彼女以外の女性には絵文字やスタンプを使い過ぎないようにしてください。

本来の自分と違うキャラを出し過ぎないようにしよう

女性にモテたいからと、女子ウケが良さそうなキャラを演じるのはやめたほうが良いです。
例えば普段はクールなのに、LINEを送るときは甘えん坊キャラになるなどです。
男性のギャップは女子ウケが良いですが、あまりにギャップがあり過ぎると引かれてしまいます。
普段はクールだけれど、LINEでは優しい言葉をかけてくれる程度のギャップならば女性もキュンとするでしょう。
絵文字やスタンプの使い方にも注意をしなければなりません。
会ったときは大人の落ち着いた男性に見えるのに、LINEではアニメのスタンプを送るなどです。
趣味が同じならば違和感を覚えないかもしれません。
しかし一般的には、そのような個性の強いスタンプや絵文字を好む女性は少ないです。
また若者言葉を使うのもやめたほうが良いでしょう。
言葉の流行の移り変わりは激しいので、20代でも油断できません。
普段から使っているのなら違和感を抱きませんが、突然メッセージで若者の言葉を使われると気持ちが冷めてしまいます。
若者の言葉を頑張って使っているのが伝わってくるので、女性は疲れてしまうのです。
ですのでなるべくいつもの自分と違う自分を出し過ぎないようにすることが大切です。

既読スルーでも諦めなくてOK。でもしつこくLINEをするのはやめよう

ときには既読スルーをされたりラリーが続かなかったりすることもあるでしょう。
だからと言って諦めるのはまだ早いです。
まだ男性のことをよく知らないため、警戒しているのかもしれません。
そのような場合は直接会って関係性を深めましょう。
LINEで関係性を深めようとするのではなく、直接会ってもっとお互いのことを深く知ることが大事です。
そうすれば既読スルーの回数が減るでしょう。
相手からLINEを送られてくる頻度や内容も変わってくるはずです。
既読スルーをされた女性と仲良くなることを諦める必要はありませんが、既読スルーをしている女性に対してしつこくメッセージを送るのはやめたほうが良いです。
鬱陶しいと思われてしまいます。
そのようなときは、そのまま放置しておきましょう。
メッセージのラリーが続かないときも、無理やりラリーを続けようとして何度もメッセージを送るのはNG。
女性がラリーを続けようとしていないのに、ダラダラと意味のないメッセージを送ると嫌われてしまいます。
ですのでLINEでのやり取りを続けたくなさそうにしていたらそれ以上深追いをするのはやめて、まずは会って関係性を深めることを優先しましょう。

女性との関係を一歩先へ進めるためのLINE術 男性が主導権を握ろう

女性と様々な話ができるようになって親密度が増したら、今度は女性の心が男性に向くようなLINE術を使ってみましょう。これまでのようなメッセージだけだと、良い人で終わってしまうからです。モテるためには、つい女性からLINEを送りたくなってしまうような存在にならなければなりません。そのためにはまず男性が主導権を握ることが大事。主導権を握ると言っても、偉そうな態度で接するというわけではありません。あくまでも女性に気づかれないように、自然に男性が主導権を握ることが大事なのです。手軽なのはメッセージのラリーを女性で終わらせること。例えばはじめは次のようなメッセージを送ってみると良いでしょう。

  • 男性…おやすみ
  • 女性…おやすみ

これなら誰でもすぐにできますよね。今度は次のような一般的なメッセージをやり取りをする際も、この手法を使ってみましょう。

  • 男性…今日映画観に行くって言っていたよね?どうだった?
  • 女性…楽しかったよー。でもすっごい混んでた。

このように女性でLINEを終わらせると、女性はあれ?これで終わりかな?と思うでしょう。
そのため自然と男性のことを考える時間が増えます。
しかし女性の予定を覚えてくれているため、女性は嫌な気分にはならないのです。

苗字から名前に変えて呼んでみよう

これまで苗字で呼んでいたのなら、思い切って名前で呼んでみましょう。多くの女性は今まで苗字で呼ばれていたのに急に名前で呼ばれるとキュンとするからです。以下である化粧品会社が行った実験結果を見ても、女性は急に名前で呼ばれるとドキドキするということがわかります。

★対象…子供がいる夫婦
★普段の呼び方…ママ、パパ
★実験内容…夫が妻を下の名前で呼ぶと妻はどのような感情を抱くのか
★実験結果…うれしそうな顔をする
★妻の感想①…名前で呼ばれた瞬間は、驚きよりもキュンっていうドキッという思いの方が強かった。
★妻の感想②…名前で呼ばれて優しくなりました。呼ばれ方で気分が変わるんだなとびっくりしました
引用元URL:「女性は下の名前で呼ばれると優しくなれる」驚きの科学的効果が明らかに

下の名前で呼ばれることで、幸福ホルモンと呼ばれているオキシトシンが増加するというデータもあります。
このようにホルモンの量に変化が起こるということは、気持ちも変化する可能性が極めて高いのです。
ですので突然名前で呼ばれてドキドキする確率は高いと考えたほうが良いでしょう。
関係性が深まってきたら、LINEで「○○ちゃん、今日仕事終わるの遅かったんだね」などと自然に下の名前で呼んでみましょう。

同じ時間にLINEをするのをやめてみて

今まで同じ時間にメッセージを送っていた場合は、その習慣をやめましょう。
完全にやめるのではなく、たまにメッセージを送らない日を作るのです。
今まで毎日同じ時間にメッセージがきていたのに急にメッセージがこなくなると、女性はどうしたのかな?と思います。
何かあったのかな?何をしているのかな?などと、つい男性のことを考えてしまうでしょう。
その結果心配になって女性側から男性側にメッセージを送ることも。
はじめにマメに毎日メッセージを送っていたからこそ、急にメッセージがこなくなると心配になるという心理になるのです。
ただし女性からメッセージがきたときに、「別にLINE送るの決まっているわけじゃないでしょ」とか「忘れてた」などと素っ気ないメッセージを返信するのはやめましょう。
今まで優しかったのに急にキャラが変わると、男性に対して不信感を抱くからです。
ですのでそのようなときは「寝坊したー」「今日忙しくてさー」などと、メッセージをしたかったけれどできなかったということをにおわせることが大切です。

たまに未読スルーをするのがおすすめ

女性からLINEがきたら、たまには未読スルーをしてみましょう。既読スルーではなくて未読スルー?と思う人もいるかもしれませんね。既読スルーと未読スルーでは、女性の気持ちが違います。以下でその違いを見ていきましょう。

  • 既読スルー…読んでいるのに返信がないということは何か嫌なことを言ってしまったのかな?返信がくる見込みはなさそうだな。
  • 未読スルー…いつ読んでくれるのかな。読んでくれたら返信がくるはず。

このように既読スルーは、女性側が不安な気持ちになったり嫌な気持ちになったりすることが多いです。
しかし未読スルーなら、ドキドキ感のほうが強くなります。
忙しいのかな?などと、男性のことを考える時間が増えるでしょう。
そのようにして男性のことを考えているときに男性から返信がくれば、うれしいという気持ちが倍増します。
ですのでたまに未読スルーをして、メッセージを読んだらきちんと返信をしましょう。

女性の変化をLINEでそっと伝えよう

女性に何か変化を感じたら、LINEでそのことを伝えてみましょう。
そうすれば女性は自分のことを見てくれているのだなと感じます。
例えば元気がなさそうにしていたら「今日元気なさそうだったけど何かあった?」などと聞いてみると良いでしょう。
本当に疲れているときや具合が悪いときは返信がこないかもしれませんが、男性が自分のことを気にしてくれているということがわかるのでうれしいと感じるはず。
2人だけしか知らない話題も増えるので、より親密度が高まる効果も期待できます。
またヘアスタイルが変わったときに「髪短くなっていい感じ」などのシンプルなメッセージを送るのもgood。
そのようなことを繰り返していると、女性はどうしてこんなに自分の変化に気づいてくれるのだろう?と考えるようになります。
次第にもしかして自分のことが好きなのかな?と思うようになるでしょう。
そのようにして今まで何とも思っていなかった男性のことを異性として意識しはじめるケースは多いです。

誕生日は女性の心をキュンとさせるチャンス!

女性の誕生日に送るLINEは重要。
内容というよりは、メッセージを送る時間帯が大事です。
女性の誕生日の0時になったらすぐにメッセージを送りましょう。
誰よりも早くメッセージを送ることで、その男性の印象が強くなります。
また0時にメッセージを送れば、自分の誕生日を前から考えてくれていたのだなということがわかるのでうれしく感じるでしょう。
もし女性がその時間帯に寝ていたとしても、起きてからLINEをチェックすれば何時にメッセージを送ってくれたのかがわかります。
簡単なテクニックですが女性の心をキュンとさせるのに高い効果が期待できるので、是非チャレンジしてみましょう。
ただしメッセージはシンプルなほうが良いです。
自分の気持ちを入れた長いメッセージなどを送ると、女性は逆に気持ち悪いと感じる可能性大。
ですので「誕生日おめでとう!」などのシンプルなメッセージを送るようにしましょう。

好意があることをLINEで伝えるのはNG

女性には言葉で好意を伝えたほうが喜ぶはずと考える男性は多いでしょう。しかし女性に慣れている人という印象を持つので、LINEで好意を伝える男性は女子ウケが悪いです。特に次のような直接的なメッセージを送るのはやめましょう。

  • 俺○○ちゃんのこと好きなんだよね。
  • 1回デートしてくれない?
  • ○○ちゃんって本当に可愛いよね。俺のタイプだわー。

褒められて嫌な気持ちになる女性は少ないと思いますが、このようなメッセージを送られると軽い女だと思ってバカにしているの?と感じる女性も少なくありません。
特に社会人の大人の女性は、マイナスな印象しか持たないでしょう。
モテる男は好意があっても女性に好意を確信させるようなメッセージは送りません。
あくまでも好意があることをにおわせるだけです。
モテる男はそのようにして駆け引きをしたほうが、女性が振り向いてくれる確率が高まるということを知っているのです。
ですのでLINEで好意を伝えるのはやめましょう。
もし好意があることを伝えたいと思うのならば、直接会って伝えたほうが良いです。
そのほうが誠実さが伝わるので、LINEで伝えるよりも印象が良くなります。

アイコンにも気を配ろう

メッセージの内容ばかりに気を取られてしまいがちですが、実はアイコンも重要。特にまだそれほど親しくない関係性のときは、様々なところから男性の情報を得ようとするからです。そのため女子ウケの良いアイコンにするのがおすすめ。友人たちと楽しそうに笑っている写真や、クスッと笑ってしまうような面白い写真は評判が良いです。一方で次のような写真は、あまり女子ウケが良くありません。女子ウケが悪い理由も一緒に見ていきましょう。

  • 自撮り写真…ナルシストな人、モテたい人に感じる
  • おしゃれな風景などの写真…完璧主義の人、おしゃれなことをアピールしたい人に感じる
  • アニメのキャラクターの写真…こだわりが強い人、オタクに感じる

特に自撮り写真を掲載している男性は引かれる可能性大。
また初期設定のまま何も変更していない人もズボラな男性だと思われる可能性が高いので注意しましょう。

まとめ

モテるためにはこのように様々な駆け引きをすることが大切なのです。
顔が見えないので会って話すよりも色々なことを話せそうだと感じるかもしれませんが、何も考えないでLINEを送ると女性にモテないだけでなく嫌われてしまうことも。
ですので大事なポイントを抑えてメッセージを送るようにしましょう。
まず相手との距離を見極めることが大事。
下心のないシンプルなメッセージを送って、自分の存在を印象づけましょう。
女性との距離を縮めたくても、がっつくようなメッセージや一気に距離を縮めようとするようなメッセージを送るのはやめましょう。
女性は好きでもない男性からそのような下心を感じると、これ以上は親しくなりたくないと考えるもの。
ですので焦らずにそのときの関係性に合ったテクニックを使って、女性をキュンとさせてくださいね。

NO IMAGE

FLB - FASHION/LIFE STYLE/BUSINESS