メンズストリート系ファッション夏コーデ10選 & おすすめブランドをご紹介!

メンズに人気のストリート系のファッション。
一口にストリートファッションと言っても様々な系統があるため、ファッション初心者から上級者まで幅広く楽しめます。
しかしどのようなファッションがストリート系のファッションなのかわからずに、なんとなくコーデをしているというメンズも少なくありません。
ストリート系のファッションについて詳しく知れば、よりファッションコーデを格上げすることが可能。
夏は身につけるアイテムの数が少ないため、アイテムの選び方やおすすめの夏コーデを参考にして気軽にストリート系のファッションにチャレンジしましょう。

目次

時代によって変化するストリート系のファッション

ストリートファッションにははっきりとした定義がありません。
その時代に流行している音楽やスポーツなどがファッションに反映されるからです。
例えば1970年代はデニムを取り入れたコーデが定番でしたが、1980年代に入るとハイブランドなアイテムを利用したコーデがトレンドに。
1990年代の日本の街には腰パンをするメンズが溢れていました。
2000年代頃からはストリートファッションが多様化され、スケーター風やラッパー風のコーデのみならず、爽やか系や韓国メンズ風などの様々なストリートファッションが楽しめるようになっています。

ファッションのテイストを明確にすることが大切

ストリートファッションは時代によって変化するため、トレンドに敏感になることが大切。
また自分がチャレンジしてみたいテイストを明確にすることも重要です。
ストリートファッションの定番と言えば、スケーター風ファッションとラッパー風ファッションを思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし学生にはシンプルなアイテムを利用した爽やかなコーデが人気です。
またファッショニスタが注目しているのは韓国メンズ風のコーデやオールブラックコーデ。
ファッションのテイストがわかれば選ぶべきアイテムや洋服のシルエットなどもはっきりするため、コーデの完成度が高まります。

コーデが完成したときのシルエットをイメージしよう

チャレンジしたいテイストが決まったら、洋服のシルエットをイメージしましょう。
テイストが決まってもシルエットを間違えると全く違うテイストのファッションコーデに見えることもあるため、シルエットをイメージすることは重要です。
例えばラッパー風のコーデをする場合は、OラインやAラインのシルエットがマスト。
上下共にビッグシルエットの洋服を選んだり、ボトムスだけオーバーサイズを選んだりしてゆったりとしたシルエットにするのが特徴です。
それ以外のストリートファッションでは、IラインやYラインのシルエットにするのが一般的。
ジャストサイズか少し大きめのサイズを選び、スッキリとしたきれいめのコーデに仕上げます。

ストリート系のファッションコーデによく活用されるアイテムはコレ!

ストリート系のファッションコーデに外せないのがスニーカー。
どのような系統のコーデに合わせてもスタイリッシュに決まる上に、刺激的なデザインのスニーカーを選べばコーデのアクセントにすることも可能です。
またヴィンテージアイテムを使って個性を出すのも、ストリートファッションの基本のコーデ術です。
洋服はラフなTシャツやパンツ、パーカーなどを活用するのが一般的。
なるべくシンプルなアイテムを選び、アクセサリーや帽子、スニーカーなどを使ってこなれ感を出すのがトレンドです。

Tシャツはデザインとサイズ感と袖の長さに注目

夏のメンズコーデになくてはならないのがTシャツ。
Tシャツを選ぶときはデザインを重視するのは勿論、サイズ感を重視して選ぶのがおすすめです。
ラッパー風のコーデにはビッグサイズのTシャツをチョイスするのがgood。
その他のストリート系のファッションコーデでは、少し大きめのサイズのTシャツを選びましょう。
きれいめのコーデに仕上げたいのなら短めの袖、トレンド感を出したいなら長めの袖のTシャツを選ぶのがおすすめです。

パーカーはゆったりサイズを選ぶのがマスト

少し肌寒いときに活躍するパーカー。
パーカーはTシャツと違い、どの系統のコーデをする際もゆったりとしたサイズを選ぶのがマストです。
ジャストサイズのパーカーを選ぶとあか抜けない印象になるため注意しましょう。
ラッパー風のコーデをする際は、派手なデザインがプリントされたタイプを選ぶのがおすすめ。
スケーター風のコーデではシンプルなパーカーや、背面にブランドのロゴなどがプリントされたパーカーがチョイスされることが多いです。
オールブラックコーデや爽やか系のコーデをする場合は、ロゴが目立たないシンプルなパーカーを選びましょう。

パンツの種類は豊富!イメージに合うお気に入りの1本を選ぼう

引用:https://www.instagram.com/oshapii522/

パンツの種類は豊富です。
しかし理想のコーデのテイストが明確になっていれば、パンツの種類を絞ることができます。
例えばラッパー風のコーデにはワイドパンツやトラックパンツがピッタリ。
スケーター風のコーデにはスウェットパンツやジョガーパンツ、ハーフパンツが合います。
学生がチャレンジしやすい爽やか系のコーデにはスキニーパンツやテーパードパンツがgood。
武骨な印象のカーゴパンツは意外にもオールブラックコーデとの相性が抜群です。
デザイン性の高いものを選べば、ハイセンスなオールブラックコーデに仕上げられます。

夏のコーデに外せないアイテム!アクセサリーでコーデを格上げしよう

肌の露出が多い夏のコーデにはアクセサリーがよく合います。
アクセサリーを上手く取り入れられれば、ストリート系のコーデを格上げできます。
しかし選び方を間違えると一気に野暮ったい印象になってしまうことも。
そのためアクセサリーを選ぶときは慎重に選ぶことが大切です。
アクセサリーをつける場合は指輪やネックレス、バングルなどの中からいずれか1点のみをつけるのが基本。
デザイン性の高いアクセサリーを選べば、1点だけでも存在感を出せます。
数種類のアクセサリーを見につけたコーデは女子ウケが悪い上に暑苦しく見えるため、1点から2点に限定するのがポイントです。

帽子を取り入れれば雰囲気がガラリと変わる

帽子はアクセサリーと並んでメンズコーデを格上げするアイテムです。
シンプルな洋服でまとめても帽子を被るだけで理想通りのコーデに仕上げることが可能。
同じ洋服を着ていても帽子を変えれば雰囲気が変わるため、積極的に帽子を活用しましょう。
ストリートファッションでよく使われるのがキャップ。
若いメンズにはブランドのロゴが入ったキャップが人気です。
大人カジュアルな雰囲気を出したいときはハットがおすすめ。
サマーニット帽を被れば、夏でも快適にスケーター風のファッションコーデができます。

きれいめとカジュアルをミックスさせるのがポイント

ラッパー風のコーデ以外のストリートファッションコーデでは、カジュアル感のあるコーデに偏り過ぎないようにすることが重要。
カジュアル感が強すぎると野暮ったい印象になるからです。
きれいめのアイテムも使って、コーデにメリハリをつけましょう。
ただしきれいめだけに偏るとフォーマルな印象が強くなるため、きれいめのアイテムとカジュアルなアイテムをミックスさせるのがポイントです。
ストリートファッションではカジュアル感を強くするのがおすすめ。
例えばジョガーパンツとTシャツ、サマーニット帽などのラフなアイテムを身につけるのならば、きれいめのバッグやアクセサリーを選ぶと良いでしょう。
少しきれいめのアイテムを取り入れるだけで、こなれ感のあるスタイリッシュなストリートファッションに変わります。

素材にこだわれば存在感のあるコーデに!

優れた素材のアイテムを選べば雰囲気が大きく変わります。
一般的に高品質のアイテムは高額。
しかし他のメンズとコーデの差がつく他、長く使えるというメリットもあります。
そのため高品質のアイテムを少なくとも1点は取り入れることをおすすめします。
コスパが良いのはアクセサリー。
高品質かつシンプルなアクセサリーを選べば、どのようなファッションの系統にも合わせられます。
スニーカーにこだわるのも良いでしょう。
レアなスニーカーや最新のスニーカーを履けばコーデがパッと華やぎます。

デニム×Tシャツ×スニーカー 王道のアメカジスタイルコーデ

デニムとTシャツ、スニーカーの組み合わせは、最もシンプルで挑戦しやすいメンズの夏コーデ。
しかし実はシンプルな分コーデが難しく、アイテム選びや組み合わせ方を間違えるとつまらないコーデになります。
デニムとTシャツは細身のタイプを選び、全体的にIラインのシルエットでまとめましょう。
ダメージデニムやペイントデニムをチョイスすれば、無地のTシャツを合わせてもトレンド感が出ます。
今季のトレンドのスニーカーを合わせれば、無難にまとまりがちなコーデの鮮度もアップ。
きれいめのデニムを履く場合は鮮やかなカラーのスニーカーを差し色にして、刺激的なコーデにするのがおすすめです。

ワイドデニム×襟付きシャツ×GIベルト きれいめのストリートコーデ

引用:https://www.instagram.com/loomosaka/

同じくデニムを使ったコーデでも、王道のアメカジコーデよりも少し難易度が高いワイドデニム+襟付きシャツのコーデ。
幅広タイプのデニムパンツにジャストサイズの襟付きのシャツをタックインして、クラシカルに仕上げます。
シャツのカラーは夏に相応しい涼しげなカラーにするのがおすすめ。
今季トレンドのカラーを取り入れればおしゃれ感がアップします。
このコーデのアクセントとして、GIベルトの先端を長めに出すというのもおすすめ。
ベルトがルーズな分、パンツの裾が長かったりシャツの裾がパンツから出ていたりするとだらしなく見えてしまいます。
そのため自分の身体にピッタリ合う洋服を選び、きちんと感と清潔感を出すことが大切です。

ジョガーパンツ×Tシャツ×ニット帽 スケーター風のファッションコーデ

ジョガーパンツとTシャツ、スニーカーを組み合わせたコーデは、とにかく動きやすく長時間着ていても快適。
夏用のジョガーパンツを選べば、熱い夏でも熱がこもりにくいです。
しかしどれもラフなアイテムのため、シンプルなアイテムを単純に組み合わせるとルーズに見える可能性大。
そのため人気のスニーカーやビビットカラーのスニーカーなどを合わせてトレンド感を出しましょう。
夏用のニット帽とごつめのアクセサリー、リュックサックを合わせれば、スケーター風の雰囲気が出ます。
きれいめのリュックサックを選んで、カジュアルになり過ぎないようにするのがポイントです。

ハーフパンツ×7分袖Tシャツ×ニット帽 ラフなストリートコーデ

おしゃれに履きこなすのが難しいハーフパンツも、ビッグシルエットの7分袖Tシャツと合わせればトレンド感が出ます。
足元はトレンドカラーのスニーカーで決めて90年代のアメカジ感を出すのがポイント。
シンボリックなデザインが施されたアクセサリーを合わせて、ワイルドな男の雰囲気を出しましょう。
ただしそれだけだとどこか清潔感のない印象に。
そのためニット帽を被って、スッキリとした若々しさとストリート感を出すのがおすすめです。

ベースボールシャツ×ワイドパンツ×ベースボールキャップ スポーツテイスト満載のストリートファッションコーデ

引用:https://www.instagram.com/naaaaaaabe/

ベースボールキャップとベースボールシャツの組み合わせはスポーティーにまとまりがち。
しかしそこにチノパンを合わせることでこなれ感が出ます。
ベースボールシャツはビッグシルエットを選びがちですが、少し大きめくらいのサイズを選ぶのがマスト。
ワイドパンも少しゆとりのあるサイズをチョイスして、I~Aラインのシルエットでまとめましょう。
足元はカラーでまとまりのある色を選び、足元を際立たせると全体のバランスが良くなります。

スウェットパンツ×ハット×スニーカー 大人カジュアル系コーデ

スウェットジョガーパンツとTシャツはシンプルでスポーティーなアイテム。
しかし生地の素材にこだわるだけで、タウンユースコーデになります。
ワッフル素材のTシャツなどを選んで、おしゃれ感をアップさせるのもおすすめ。
スニーカーを合わせるのもコーデのポイント。
小洒落たテイストがプラスされます。
ダークカラーのブーツを選ぶと重い印象になるので、子供っぽさを抑えますので、おすすめ。
キャップを被れば少しポップ感がプラスされますが、ここはあえてハットを選んで洒落感を強くしましょう。

オーバーサイズTシャツ×スキニーパンツ×スニーカー 韓国メンズ風の夏コーデ

韓国メンズ風の夏コーデは、シルエットをYラインにするのがポイント。
オーバーサイズのTシャツにピッタリフィットしたスキニーパンツを合わせて、上半身が大きく見えるようにコーデをしましょう。
足元はきれいめのスニーカーでも良いですが、サンダルを選べば涼しげに見えます。
ネックレスや時計などを組み合わせて、コーデに立体感を出しましょう。
韓国メンズ風のコーデではヘアスタイルも重要です。
韓国でトレンドのヘアスタイルを取り入れて、韓国メンズ風コーデの完成度を高めましょう。

黒パンツ×黒ハット×ホワイトスニーカー 大人ブラックコーデ

近年若者の間で流行しているオールブラックコーデ。
しかし夏にオールブラックコーデをするのは難しいと思っていませんか?
Tシャツとハーフパンツを選べば肌の露出が増えるため、オールブラックでも涼しげな印象になります。
あえて黒のハット帽を選び、ストリート感を出しましょう。
足元は崩すため白のスニーカーを合わせるのがおすすめ。
ソールが薄いスニーカーを選べば、重たい印象になるのを防げます。
頭から足元まで黒でまとめるのは自信がないというメンズは、足元にだけ違うカラーを使うのが良いでしょう。

トラックパンツ×ビッグシルエットTシャツ×カラースニーカー クラシカルなラッパー風コーデ

ラッパー系のファッションコーデで使われることが多いトラックパンツ。
しかしルーズな印象になるため、コーデに取り入れるのが難しいアイテムです。
ただしクラシカルなアクセサリーを合わせれば、きちんと感のあるコーデにすることも可能。
また、トラックパンツとビッグシルエットのルーズ感の強い組み合わせでも、足元にアクセントを入れるだけできちんと感が出ます。
カラーはシルバー等をチョイスして、全体のシルエットのバランスをとりましょう。

オーバーサイズTシャツ×ごついアクセサリー×バスケットボールスニーカー オールドスクール風夏コーデ

オーバーサイズのパンツとTシャツを合わせたI~Oラインのコーデは、ラッパー風のファッションコーデに興味があるメンズにおすすめ。
デニム生地や黒色のパンツを選んでも良いですが、柄物を選ぶのもgood。
パンツが印象的だと、他のアイテムがシンプルでもおしゃれ感が出やすいからです。
ただしより本格的にラッパー風のコーデを目指す場合は、派手なアイテムを複数組み合わせる事やトレンドカラーのバスケットボールスニーカーがポイント。
例えばチェーンのネックレスやごつい時計などの派手なアクセサリーを複数身につけると良いでしょう。
オールドスクール風のクールで刺激的な夏コーデに仕上がります。

メンズのストリートファッションが華やぐ!ストリートアクセサリーブランドVITALY(バイタリー)

VITALY(バイタリー)のアクセサリーはシンプルですが、デザインやシルエットが個性的で存在感があります。
尚且つストリート系のデザインが得意なため、プロのスケーターやBMXライダーにも人気。
伸縮性のあるバングルや留め金が個性的な形をしているネックレスなど、近未来的なアクセサリーも豊富です。
バングルやネックレスなどの様々な種類のアクセサリーがありますが、特に人気が高いのが鎖型のネックレスや幅広の指輪。
ごつくてハードなアクセサリーを得意としているため、ラッパー風コーデやオールブラックコーデを目指すメンズには特におすすめです。
ファッショニスタのような刺激的で個性的なコーデを完成させられるでしょう。

VITALY(バイタリー)を合わせればコーデ全体が引き締まる

VITALY(バイタリー)のアクセサリーはクールかつハードな存在感があるため、コーデに取り入れればコーデ全体が引き締まります。
例えばネックレスを使ったコーデ。
幅の広い鎖型のネックレスはゴージャス感があり、ラッパー風のコーデにピッタリです。
トラックパンツとTシャツなどのラフなコーデでも、ネックレスをつけるとオールドスクール風の雰囲気が出ます。
よりゴージャス感を出したい場合は指輪やバングルもつけましょう。
爽やか系のストリートファッションに合わせる場合は、上品なシルエットとデザインのアクセサリーを活用するのがおすすめです。

懐かしさと新しさが混在するストリート系のアパレルブランド SCRT

ロンドンのデザイナーたちがデザインしたオリジナルの洋服を製作、販売することからはじまったSCRT。
今では世界中のデザイナーたちとコラボレーションした様々なアイテムが手に入ります。
複数のデザイナーが関わっているため、自由で独創的なデザインのアイテムが多いのが特徴。
色使いやシルエットはどこかレトロな印象を受けますがデザインが独創的なため、オリジナリティのあるコーデが実現します。
計算してアイテムを組み合わせなくても、ハイセンスな印象を与えられるでしょう。
基本的にゆとりのあるシルエットの洋服が多いため、動きやすく日常使いしやすいです。

SCRTならシンプルコーデでもあか抜けた印象に!

独創的なデザインの洋服を組み合わせるのは難易度が高いと思うメンズもいるでしょう。
しかしSCRTには気軽に着られるTシャツもあります。
ラフに見えますがデザイナーたちがデザインしたイラストがプリントされているなど、オリジナリティがあります。
パンツもイラストや文字がプリントされていたり、ポケットがランダムについていたりなど独創的。
そのためTシャツとパンツを組み合わせたありきたりなコーデでも、つまらないコーデになることはありません。
イスラムワッチのような個性的な帽子もあるため、小物だけをストリート系のファッションコーデに追加するのもおすすめです。

圧倒的なオールブラックコーデを実現!BLVCK PARIS(ブラックパリ)

オールブラックの洋服や小物を揃えるBLVCK PARIS(ブラックパリ)。
スウェットパンツやTシャツなどのラフなアイテムが豊富です。
しかし深みのあるブラックカラーで、全身を黒一色でまとめてもどこか上品に見えるのが特徴。
さらに計算されたシルエットによって、Tシャツやパーカーをさらりと羽織ってもハイセンスに見えます。
またパーカーの紐やTシャツの裾にブランド名が刻まれているなど、ディティールにもこだわっています。
高級感のあるブラックカラーと計算されたフォルムとデザインのアイテムを身にまとえば、圧倒的なオーラを醸し出せるでしょう。

BLVCK PARIS(ブラックパリ)で夏でも涼しげなオールブラックコーデに!

夏に全身を黒一色でまとめるのは難易度が高いと思っていませんか?
しかし肌の露出を増やせばオールブラックコーデでも涼しげな印象になります。
例えばスウェットパンツとTシャツのコーデ。
足元は白いスニーカーを選び、くるぶしを見せてスッキリとしたコーデにしましょう。
片側のパンツの裾を膝下までロールアップして、ダンサー風のコーデにするのも良いでしょう。
高級感のあるブラックカラーのためシンプルコーデでもOKですが、できればキャップやバックパック、アクセサリーなどを追加するのがおすすめ。
立体感のあるクールなコーデが完成します。

存在感を出せるカーゴパンツブランド BLACK TAILOR(ブラックテイラー)

独創的なデザインとシルエットでファッショニスタからも高い支持を得ているBLACK TAILOR(ブラックテイラー)。
個性の強いカーゴパンツが揃っており、特に工業デザインや膝からふくらはぎにかけて細くなるシルエットが得意です。
太もものサイドにビッグサイズのポケットを配置したりポケットをランダムに配置したりなど、ポケットで冒険しているのも特徴的。
存在感のあるカーゴパンツが揃っているため、Tシャツと会わせるだけでもこなれ感が出ます。
黒が定番のカラーですが、迷彩柄やビビットカラーで刺激的なコーデを目指すのも良いでしょう。

BLACK TAILOR(ブラックテイラー)で実現!こなれ感のあるやんちゃ系のストリートファッション

黒のカーゴパンツとTシャツの組み合わせは失敗しにくい組み合わせです。
しかしここはあえて迷彩柄や鮮やかなカラーのカーゴパンツで少し冒険して、やんちゃなコーデに仕上げるのがおすすめ。
カーゴパンツはジャストサイズか少しゆったりめのサイズを選び、ビッグシルエットのTシャツを合わせましょう。
バスケットシューズで足元にボリュームを持たせれば、ラッパー風のファッションになります。
ソールの薄いスニーカーを合わせ、キュッと絞ったパンツの裾から靴下を見せるのもおすすめ。
ファッショニスタのような刺激的でクールな印象になります。

ディティールにこだわったオリジナリティの高いカバンブランド GEAR3(ギアスリー)

リュックサックやウエストポーチ、トートバッグなどの様々な種類のバッグを販売しているGEAR3(ギアスリー)。
光沢のある素材が高級感を引き立てています。
カバン本体は無駄のないシンプルなデザインがほとんどですが、ディティールにはこだわっています。
特にトートバッグの持ち手やポケットに配置されているベルトが特徴的で、GEAR3(ギアスリー)のバッグであることがすぐにわかります。
またカバンの表面は防水コーティングされているため防水性が高く、気兼ねなく様々なシーンで使うことが可能です。

爽やか系からやんちゃ系まで幅広く使えるGEAR3(ギアスリー)

GEAR3(ギアスリー)のリュックサックは、ラフなアイテムを使ったスケーター風のコーデに合わせるのがおすすめ。
ジョガーパンツとTシャツ、スニーカーのコーデにリュックサックを追加しましょう。
ノートパソコンが入るくらいの大きさのため、通勤バッグとしても使えます。
夏に使いやすいのはウエストポーチ。
ウエストにつけるのではなく、肩に斜めにかけて持つのがトレンドです。
コンパクトなため蒸れにくく、長時間肩にかけていても快適性を保てます。
シンプルで爽やかなストリート系のファッションやオールブラックコーデにも合わせやすいです。

都会的なデザインと高い機能性を求めるならBLACK EMBER(ブラックエンバー)

BLACK EMBER(ブラックエンバー)は誰もが知るアウトドアブランドのデザイン経験を持つデザイナーが作ったカバンブランドです。
そのためシンプルですがどこか上品で都会的。
特に人気が高いのはスクエア型のリュックサックで、同じブランドのポーチを後付けしてカスタマイズできるようになっています。
荷物が増えてもトレンド感のあるスクエア型のフォルムをキープすることが可能です。
また機能性にもこだわっており、アウトドアブランドのリュックサックと同じように使うこともできます。
防水規格のついた防水性の高い素材を使用しているため、急に雨が降ってきても慌てずに済みます。

アクティブに活動するメンズにおすすめ!BLACK EMBER(ブラックエンバー)を使ったコーデ術

BLACK EMBER(ブラックエンバー)で人気が高いのはリュックサック。
トレンド感のあるスクエア型のシルエットで、スケーター風のファッションやスーツによく合います。
25Lと普段使いしやすいサイズのため、毎日持ち歩くことが可能。
ただしトレンド感を出すためには持ち方に気を配ることが大切です。
肩ベルトを短くして、身体にピッタリとフィットさせるようにして持ちましょう。
リュックサック本体が腰のあたりにくるようにして持つとだらしなく見えるのでNGです。
サイクリングやキャンプ、写真撮影などを楽しむ際は、ポーチやカメラバッグをストラップでくっつけましょう。
リュックサックやボディバッグはオールブラックコーデや韓国メンズ風コーデに合わせてもスタイリッシュに決まります。

まとめ

ストリート系のファッションは時代によって変わります。
さらに今は複数の系統のストリートファッションが存在するため、自分好みの系統のストリートファッションを見つけて常にトレンドをチェックすることが大切です。
好みのテイストに合ったファッションアイテムを選び、シルエットに気を配りながらコーデをしましょう。
きれいめとカジュアルのバランスを見ながらコーデをすることも大切です。
さらにアクセサリーや帽子、スニーカーを使ってこなれ感を出しましょう。
少ないアイテムで仕上げられる夏のコーデなら、おしゃれに慣れていないメンズもチャレンジしやすいはず。
今回紹介した夏コーデやおすすめのブランドも参考にして、ストリート系のファッションを楽しんでくださいね。