ブラックカバンがおしゃれメンズにおすすめ!黒を基調としたカバンブランドをご紹介!

誰が持っても失敗しにくい黒のカバン。
クールに決まりやすいため、特にスッキリとした清潔感のある男らしいコーデを目指すメンズに人気です。
その一方でシンプル過ぎる、個性が出しにくいなどと感じて黒のカバンを避けるメンズがいるのも事実。
しかしおしゃれに見えるためのコツを理解すれば、オリジナリティを出したりスタイリッシュに見せたりすることができます。
黒一色でも周囲の目を惹きつけるような、おしゃれなカバンを選びましょう。

黒のカバンは洋服に合わせやすい

黒や白、グレーなどの無彩色は、ファッションコーデをしやすいカラー。
特に黒いカバンは合わせる洋服を選びません。
赤や青、緑などの有彩色とも相性が良いため、使用するカラーが3色までなら何も考えなくてもそれなりのトータルコーデが完成します。
そのためおしゃれが苦手なメンズでも、外すことはないでしょう。
ファッショニスタのようなあか抜けた印象になるためには洋服のセンスが求められますが、黒いカバンを持つだけでもきちんと感は出ます。
おしゃれなメンズならばいつもの感覚でコーデをすれば、バランスのとれたトータルコーデを完成させられるでしょう。
ただし黒ならばどのようなバッグでも良いわけではありません。
野暮ったく見えないようにするためのポイントを理解することが大切です。

黒のカバンならオールシーズンOK

黒のカバンは季節を問わず使えます。
黒は重い印象を与えるため、夏には向いていないと感じる人もいるかもしれません。
確かに洋服の場合は、暑苦しく感じるでしょう。
例え半袖やハーフパンツであっても、黒一色だと暑苦しく見えます。
しかしカバンの場合は、夏に黒いカバンを持っても暑苦しく見えにくいです。
むしろ白などの明るいカラーのTシャツと合わせれば、涼しげで爽やかな印象になります。
冬はダウンやチェスターコートと合わせれば、ちゃんと冬の雰囲気が出ます。
どんな洋服に合わせても馴染むので、春から冬まで1年中使えるのです。

ビジネスにもデートにもスポーツにも幅広く使える

黒と聞くと、かっちりとした印象を抱くメンズが多いかもしれません。
確かにメンズの場合は、黒はフォーマルなファッションによく使われる傾向があります。
黒のカバンの場合は、通勤カバンとして使われていることも多いです。
きちんと感が求められる仕事場でも黒のバッグならば、どんな形のカバンでも仕事場の雰囲気に馴染むからでしょう。
しかし通勤用のカバンとしてだけでなく、デートにも使えます。
メンズの場合はファッションコーデにバッグを上手に組み合わせるのが難しいのですが、黒ならば失敗が少ないです。
あとはファッションコーデに合う形のバッグを合わせればおしゃれに決まります。

黒のカバンはオールブラックが鉄則!

黒のカバンを持つ場合はオールブラックがマスト。
他のカラーが入っていると幼く見えるからです。
また洋服にも合わせにくくなります。
例えばベースに黒色が使われていて、ハンドルにベージュなどの他のカラーが使われているカバンを使うとしましょう。
黒一色ならばカラフルな洋服にも合わせられます。
しかし黒以外のカラーが入ったカバンを合わせると、全体的にまとまりのないコーデになってしまいます。
柄やロゴが入っているバッグもNGです。
高級ブランドのロゴならば問題ないだろうと思うメンズもいるかもしれませんが、どんなコーデをしてもそのブランドのイメージが強く残ってしまいます。
カジュアルなコーデに仕上げたいと思っても、思い通りのコーデにならないでしょう。
そのためなるべく余計なものが入っていないオールブラックのカバンを持つのがおすすめです。

ツヤ感と質感で見た目の印象が変わる

黒と言っても細かく分けると様々な黒があります。
例えばツヤ感のないマットブラックや光沢感のある漆黒、くすんだ色が特徴のスモーキーブラックなどです。
またツルツルとした質感の黒や、ザラザラとした質感の黒などもあります。
ツルツルとした光沢のある黒のカバンを持てば、上品でクラシカルな印象になるでしょう。
ザラザラとした質感のスモーキーブラックは、カジュアルに仕上がります。
同じザラザラとした素材でも光沢がある漆黒のカバンの場合は、高級感のある雰囲気が出ます。
ツヤ感や質感が違うと同じ黒でも見た目の印象が大きく変わるため、ツヤ感と質感にこだわることが大切です。

理想のトータルコーデを実現するためにはカバンの形が重要

理想のコーデを完成させるためには、カバンの形が重要です。
バックパックやリュックの他、トートバッグやボディバッグなどがあるため、イメージに合う形のバッグを選びましょう。
バックパックはビッグサイズのためアウトドアや旅行に行く際に便利で、アクティブなファッションに合います。
リュックはバックパックよりも少し小さめのサイズのため、デイバックとして使えます。
スケーターやラッパーなどのストリート系のファッションを好むメンズにピッタリです。
ボディバッグはコンパクトなサイズで、カジュアルなコーデに合います。
ファッションの邪魔になりにくいため、デートのときにも使いやすいです。
落ち着いた雰囲気を出したいのなら、トートバッグが良いでしょう。

デザインにこだわれば個性を出せる

黒のカバンは個性が出せないと感じるメンズもいるかもしれませんが、デザインにこだわれば自分の個性を出せます。
例えばのっぺりとした黒いトートバッグと、編み込みがされているトートバッグを思い浮かべてみましょう。
印象が全く違いますよね。
シンプルなトートバッグは色々なコーデに合わせやすく、編み込みがされているトートバッグはハードかつ大人の雰囲気を感じられます。
同じカラーと同じ形のカバンでも曲線の角度やポケットの位置、凹凸の有無などによって見た目が全く異なるのです。
立体感もブランドによって異なります。
そのため自分の個性に合ったブランドのカバンを見つけましょう。

大容量のバックパックも黒なら都会的な印象に!

バックパックとリュックは何が違うのかわからない人も多いかもしれません。
結論から言うと、バックパックとリュックは同じです。
英語かドイツ語かの違いだけです。
ただし日本においては大きめのサイズのものをバックパック、小さめのサイズのものをリュックと呼んでいます。
容量が30リットル以上の大容量のバックパックはアウトドアや旅行の際に便利ですが、野暮ったくなりがち。
迷彩柄などのミリタリー調のバックパックはワイルド感が出ますが、おしゃれ感は出にくいです。
しかし少し光沢のある黒のバックパックならば、あか抜けた雰囲気が出ます。
洗練された都会的な印象を与えられるでしょう。

バックパックに立体感をもたせてこなれ感を出そう

プロキャンパーや登山家のバックパックを想像してみましょう。
色々なアイテムがくっついていて立体感があり、いかにもプロという感じが出ていますよね。
素人でもプロのような雰囲気を出すことは可能です。
カスタマイズできるバックパックを選べば良いのです。
例えばメインのバックパックのサイドにポーチを、上にカメラバッグなどをくっつければ立体感が出ます。
アウトドア初心者でもこなれ感を出せるでしょう。
カスタマイズできるバッグは全て同じカラーとデザインで統一されているため、まとまりがある上に黒一色のためスタイリッシュに決まります。

バックパックは機能性が高いものを選ぶことが大切

見た目にこだわることも大切ですが、機能性を確認することも大切です。
特にバックパックの場合は、長時間背負ったり重い荷物を入れたりするためタフでなければなりません。
そのため耐久性や防水性の高いバックパックを選ぶ必要があります。
使われている素材や生地の厚さをチェックしましょう。
防水機能があるバックパックは、防水加工や完全防水などと記載されています。
本格的にアウトドアや登山、旅行などを楽しみたい場合は、完全防水タイプのバックパックを選びましょう。
防水効果のある生地で作られている上にどの角度からも水が入りにくい構造になっているため、防水加工タイプよりも高い防水効果が期待できます。

ストリート感が出るリュック

黒のリュックを背負うとストリート感が出ます。
例えばジーンズとTシャツのシンプルなファッションでも、黒のリュックを背負ってニット帽やキャップをかぶればスケーターのような雰囲気になります。
オールブラックのトータルコーデも、クールで洗練された印象になりやすいです。
ただしリュックのサイズを間違えないことが大切。
小さいサイズのリュックを持つと、ダサく見えてしまうからです。
20リットルほどの容量のリュックなら、スタイリッシュに決まります。
また通勤バッグとして使っても違和感がありません。
スーツとノーとパソコンが入る程度のサイズのリュックを合わせれば、清潔感のある通勤コーデが完成します。

リュックはスクエア型と丸型の特徴を知ろう

リュックと言えば、丸いフォルムを思い浮かべる人が多いかもしれません。
最近の主流は四角いフォルムのスクエア型。
枕のような真四角の形をしたリュックが人気です。
そのためスクエア型のリュックを背負えば、今風の雰囲気が出ます。

丸型のリュックは合わせやすさは四角いフォルムより劣りますが、個性を出すのに非常におすすめです。
また肩ベルトの長さも重要です。
肩ベルトを長くして、腰のあたりに荷物がくるようにして持つのはおすすめできません。
あか抜けない印象やだらしない印象になるからです。
肩ベルトはきつくもなく緩くもないちょうど良い長さにして、背中にピッタリとフィットさせるようにしましょう。

フルフラットが使いやすい

リュックは180度に開くフルフラットタイプもおすすめです。
荷物が出し入れしやすいからです。
細々としたアイテムがどこにあるのかもすぐにわかります。
またフルフラットタイプのリュックの内部は、仕切りや収納ポケットの数が多いのが一般的です。
パソコンやスマートフォン、バッテリーなども、それぞれの収納スペースに入れられるため常にキレイな状態をキープできます。
上の部分だけが開くタイプのリュックの場合は、荷物を取り出すのが不便です。
上のほうに入っている荷物ならばすぐに取り出せますが、下に入れた荷物を取り出す場合はほとんどの荷物を1度取り出さなければなりません。
そのため特に通勤バッグとして使う場合は、フルフラットタイプのリュックを選びましょう。

デイリーに使えるトートバッグ

引用:https://www.instagram.com/in_uradera/

オールブラックのトートバッグは、若者からシニアまで使いやすいアイテム。
メンズの場合は通学バッグや通勤バッグとして使われることが多いです。
高級感のある素材を使ったトートバッグならばきれい目のファッションコーデにも合わせやすく、デートのときにも使えます。
ただしトータルコーデはオールブラックにならないように心掛けましょう。
バックパックやリュックならば、トータルコーデがオールブラックでもスタイリッシュに見えます。
しかしトートバッグの場合は、立体感をもたせたりアクセントカラーを入れたりすることが必要。
おしゃれに見せるためには高いファッションセンスが必要です。
そのため黒のトートバッグを持つ場合は、洋服は黒一色でまとめないようにしましょう。

ハンドルの長さが見た目の印象を左右する

トートバッグを持つ場合は、どのような持ち方をするのかを考えることが大切です。
例えば肩や腕にかけて使う、手提げカバンとして使うなどです。
そうすれば選ぶべきハンドルの長さが明確になります。
手提げカバンとして持つのならば、25cmから28cmほどの長さのハンドルを選ぶと良いでしょう。
肘にかけることはできませんが、手に持ったときにスッキリとした印象になります。
肩や腕にかける場合のハンドルの長さは、57cmくらいがちょうど良いです。
寒い季節は厚着をすることが多いため、もう少しゆとりがあっても良いかもしれません。
ただし長くても63cmくらいまでの長さのものを選びましょう。
ハンドルが長すぎると女性的に見えてしまいます。

軽いトートバッグを選べば長時間持っていても快適

カバンを選ぶ際にチェックされにくいのがカバンの重量。
特にインターネットで購入をする際は、重量を気にしないメンズが多いでしょう。
しかし重いカバンと軽いカバンでは快適性が違います。
そのため必ず重量をチェックしましょう。
トートバッグの場合は特に軽いものを選んだほうが良いです。
バックパックやリュックのように、均等に荷物の重さを受け止めることができないからです。
左右どちらかの肩に負担がかかってしまいます。
そのため必ず重量をチェックして、なるべく軽いトートバッグを選びましょう。

10代から50代までの幅広い年代で使えるボディバッグ

最小限の荷物しか持ちたくないというメンズは、ボディバッグが重宝します。
カバンの主張が強くないため、ファッションの邪魔をしにくいです。
そのためティーンからシニアまで気軽に使えます。
ただし少量しか荷物が入らない上にカジュアル感が強いため、通勤バッグとしては向いていません。
プライベート用として使いましょう。
ブルーやカーキなどのカラーが使われたボディバッグや2色使いのボディバッグなども人気ですが、クールに決めたいメンズにはオールブラックのボディバッグがおすすめ。
光沢のある黒を選べば、パーカーなどのカジュアルな洋服に合わせてもハイセンスなトータルコーデに仕上がりやすいです。

ボディバッグは前に来るように持つ

ボディバッグは背中側に荷物がくるようにして持つのが一般的です。
少しゆとりがあるくらいのベルトの長さにすれば、野暮ったく見えることはないでしょう。
ただしもう少し個性を出したい、ファッショニスタに近づきたいというのならば、ファッショニスタの間で人気の持ち方を参考にしましょう。
荷物は後ろではなく前にくるようにして持つのがgood。
ベルトは短めにしましょう。
一見窮屈そうに見えますが海外のラッパーたちが好んで採用している持ち方のため、合わせる洋服によってはB系やストリート系の印象になります。

ウエストポーチを活用すれば今風に

一般的なボディバッグの形は縦長です。
リュックを小さくしたような形で、バッグの上部のファスナーを開けて荷物を出し入れします。
ツヤ感のあるオールブラックのボディバッグなら、縦長でも上品に見えるでしょう。
しかしそれでもカジュアル感が強いです。
どちらかと言えば大人カジュアルなファッションが好きなメンズや、30代以降の落ち着いたメンズに向いています。
おしゃれに敏感な10代から20代のメンズには、横型のボディバッグがおすすめ。
ウエストポーチをボディバッグとして使いましょう。
ウエストにつけるよりもスタイリッシュに仕上がります。
ストリート系のファッションに使われることも多いので、ウエストポーチをボディバッグとして持つだけで今風の雰囲気が出るでしょう。

大容量のカバンを狙うおしゃれなメンズにおすすめ!BACK PAIX(バックパックス)

おしゃれな大容量のバックパックやリュックを探しているメンズにおすすめなのがBACK PAIX(バックパックス)。
オールブラックで無駄なものがないシンプルなデザインですが、サイドの生地の絞り具合や蓋の幅、バックルの大きさなどのバランスが絶妙なためスタイリッシュに見えます。
20リットルと30リットルの2つのタイプから、持ち運ぶ荷物の量に合わせて選びましょう。
ポケットが豊富で細々としたものを整理しながら収納できるだけでなく、三脚や寝袋マット、スケートボードなどを固定することも可能。
そのためアクティブなメンズにピッタリです。
特筆すべき点はウインカーやイラストなどを表示できるスマートバッジがついているところ。
ハンドルからウインカーをコントロールできるため、サイクリング用のバッグを探しているメンズは特に満足度が高いでしょう。

機能性とデザイン性の高さが光る!GIGL(ギグル)のカバン

リュックやショルダーバッグの他、カメラバッグや小型のポーチなどの豊富な種類のカバンを取り揃えているGIGL(ギグル)。
複数のカバンをつなげて1つの大きなカバンにできるのが特徴です。
例えばリュックは通勤バッグとして使用し、キャンプに行くときはリュックに小型のカバンやカメラバッグなどをバックルでつなげることができます。
そのため用途に合わせてカバンを買い直す必要はありません。
機能性の高さが光りますが、世界三大デザイン賞の1つとして知られるifデザイン賞を受賞するなどデザイン性の高さも光ります。

都会的なストリート系コーデが実現!BLACK EMBER(ブラックエンバー)

バックパックやカメラバッグの他、小型のポーチやシューズバッグなどを手掛けているBLACK EMBER(ブラックエンバー)。
GIGL(ギグル)と仕組みは違いますが、それぞれのカバンをつなげられるのが特徴です。
また完全防水のため、アウトドア派のメンズの心強い相棒になるでしょう。
少し光沢があるため、オールブラックでもあか抜けた印象に。
ただしスポーツブランドを中心にデザインをしてきたデザイナーが作っているためか、スポーツロゴが入っていなくてもどこかスポーティーな雰囲気をまとっています。
そのため都会的なワンランク上のストリート系のコーデを目指すメンズに特におすすめです。
スクエア型のフォルムのため、大容量のバックパックを背負っても今風に仕上がります。

未来的な雰囲気が漂うGEAR3(ギアスリー)

リュックやトートバッグ、ウエストポーチなど、カバンのラインナップが豊富なGEAR3(ギアスリー)。
オフホワイトなどの黒以外のカラーが使われたカバンもありますが、オールブラックのカバンがほとんどです。
フォルムはスクエア型が基本ですが、きんちゃく型のポーチやリュックもあります。
トートバッグには個性的なハンドルが使われているなど、シンプルな中にどこか機械的かつ未来的な要素も含まれているのが大きな特徴です。
ツヤ感があるため、いずれのカバンを選らんでも上品な印象に仕上がるでしょう。
カバンの表面には防水コーティングがされていて高い防水性と撥水性が期待できるため、外出中に急に雨が降ってきても安心です。

まとめ

オールブラックのカバンがメンズにおすすめの理由や、おしゃれに見せるためのコツなどを紹介しました。
無難にまとまりがちな黒のカバンも、個性が光るブランドを選べばスタイリッシュであか抜けた雰囲気に仕上がります。
武骨な印象になりがちなバックパックを背負っても、きれい目なトータルコーデに仕上がるでしょう。
リュックは通勤用やデート用のカバンとしても使えます。
トートバッグやボディバッグは、街歩き用にピッタリ。
用途に合わせたカバンを選ぶだけでなくフォルムや質感などもチェックして、持っていると気分が上がるカバンを選んでくださいね。

NO IMAGE

FLB - FASHION/LIFE STYLE/BUSINESS