スニーカーとカーゴパンツは相性抜群!カーゴパンツの特徴と選び方

作業用パンツとしての印象が強いカーゴパンツ。
ポケットがたくさんついた緩めのシルエットのカーゴパンツをおしゃれに着こなすのは、難しく感じるかもしれません。
しかし選ぶシルエットやデザイン次第では、スタイリッシュに着こなすことが可能。
特に細身のシルエットのカーゴパンツは、スニーカーとの相性が抜群です。
スニーカーに合うカーゴパンツを選らんで、おしゃれ上級者のようなスタイリッシュなコーデを目指しましょう。

カーゴパンツの特徴

カーゴパンツは元々、貨物船の船員が着用するパンツとして作られた作業用のパンツ。
両手で作業ができるように、ヒップ部分や太ももの横に大き目のポケットがついているのが特徴です。
6つのポケットがついているのが基本のスタイルで、6ポケットとも呼ばれています。
しかし今はポケットの数が少ないシンプルなデザインのカーゴパンツや、ふくらはぎの部分にポケットがついた個性的なカーゴパンツなど、豊富な種類のカーゴパンツがあります。
また生地は綿100%が主流でしたが、今ではストレッチやスウェット素材のパンツも誕生。
そのため従来のようなハードな印象のコーデだけでなく、スポーティーなコーデやストリート系のコーデなど、流行を意識したおしゃれが楽しめます。

カーゴパンツはシルエットが大事

カーゴパンツを選ぶときに重要なのがシルエット。
例えば全体的にゆったりとしたシルエットと細身のシルエットでは、印象が全く違うからです。

男らしいワイルド系の着こなし方をしたいのならば、腰から足首にかけてゆったりとしたシルエットのパンツを選ぶと良いでしょう。

しかしきれい目やストリート系のファッションを目指すのなら、細身のシルエットのパンツがおすすめです。

特に膝から足首にかけて細くなるテーパードタイプのカーゴパンツは、シンプルなコーデでもひと味違ったファッションに仕上がります。

素材とカラー、パンツ丈にも注目!

きれい目のコーデや男らしいハードなコーデを目指すのならば、綿素材が良いでしょう。
ポリエステル素材やストレッチ素材、スウェット素材はスニーカーに合わせやすいため、ストリート系のファッションを目指すメンズにおすすめです。
動きやすいので、初心者でも挑戦しやすいです。
丈は足首までの短めの丈がgood。
カラーの定番は黒やカーキ、迷彩柄などですが、個性的なシルエットやデザインのカーゴパンツを選べば、例え同系色でまとめたとしてもスタイリッシュに決まります。
蛍光色などの明るめの色を選べば、より個性的でこなれ感のあるコーデに仕上がります。

きれい目コーデにもストリート系コーデにも使える

カーゴパンツ初心者は、ポケットの少ないシンプルなカーゴパンツに挑戦するのがおすすめ。
例えばジョガーパンツのようなシンプルで動きやすいカーゴパンツなどです。
Tシャツやトレーナーと合わせたシンプルなコーデでも、スニーカーや帽子をプラスするだけでこなれ感が出ます。
きれい目のコーデを目指すのならば、細身のカーゴパンツがおすすめです。
カーキやブラウンのカーゴパンツにシャツやベスト、ジャケットを合わせれば、きれいめでありながらちょい悪風の抜け感のあるコーデになります。
ポケットの主張が強すぎない黒やブラウン、ベージュカラーを選べば、デート着としても使えます。

カーゴパンツはおしゃれ上級者への近道

カーゴパンツは定番のデザインやシルエットだけでなく、斬新なデザインやシルエットも豊富。
定番とは少し違うパンツを選ぶだけで、おしゃれ度がグンとアップします。
例えば両脚のサイドにバンドがついているパンツや、ポケットがランダムについているパンツなどです。
黒などのシックなカラーでもデザインやシルエットが個性的なため、アクセサリーなどをつけなくても他の人とはひと味違ったファッションが完成します。
実は複雑なコーデを考えなくてもこなれ感が出る、おしゃれになりたいメンズにピッタリのアイテムなのです。

カーゴパンツはスニーカーと相性が抜群

定番のカーゴパンツは、革靴やハイカットブーツとの相性がピッタリ。
しかし最近主流の細身のカーゴパンツは、スニーカーとコーディネートしやすいです。
デッキシューズやスリッポンなどを合わせれば、レトロ感のあるヨーロッパ風のコーデに仕上がります。
またボリュームのあるスニーカーとの相性も抜群。
特にダッドスニーカーなどの厚底のぼってりとしたスニーカーと合わせるのが、ストリート系のコーデに近づくためのポイントです。
細身のパンツならば、どのスニーカーを合わせても失敗が少ないです。

スニーカーとカーゴパンツのファッションコーデ法

スニーカーには細身のカーゴパンツがマスト。
トップスは大き目のサイズを選び、逆三角形のようなシルエットを目指すことが大事です。
シンプルなパンツとTシャツなどのシンプルなトップスを選ぶときは、キャップやアクセサリーなどをプラスして少しスパイスをきかせましょう。
そうすれば例えカラーが黒一色でも、平凡な黒コーデには見えません。
足首くらいまでの短めのカーゴパンツやニッカポッカのようなシルエットのカーゴパンツを選び、スニーカーを際立たせるのも良いでしょう。
スニーカーと靴下を同系色にしてあえて靴下を見せれば、クールなファッショニスタのようなコーデに仕上がります。

イケてるカーゴパンツを狙うならBLACKTAILOR(ブラックテイラー)

こなれ感のあるファッションコーデに仕上げるためには、存在感のあるカーゴパンツを選ぶことが大切。
BLACKTAILORのカーゴパンツは、クールで独創的なディティールのカーゴパンツが揃っているのでおすすめのブランドです。
サイドについているバンドで裾の長さを変えられたり、ふくらはぎの部分にポケットがついていたりなど、斬新なパンツが豊富です。
中でも膝からくるぶしまでのシルエットがほっそりしているカーゴパンツは、ファッショニスタの間で高い人気を誇っています。
BLACKTAILORが得意とするパンツの形で、コーデの工夫をしなくてもこなれ感が出るので初心者でも失敗が少ないです。
デザイン性の高さや個性が際立ちますが、1万円前後のパンツが多いので斬新なデザインのパンツにも挑戦しやすいでしょう。

流行のソックス見せも楽に決まる

流行を意識したカーゴパンツコーデを完成させる際に外せないのが、靴下を見せること。
BLACKTAILORのカーゴパンツはくるぶし丈のパンツが多いので、流行のファッションがあっという間に完成します。
特におすすめなのが、ジョガーパンツとカーゴパンツをコラボレーションさせたオリジナルのカーゴパンツ。
見た目はジョガーパンツのようにラフな印象に見えます。
また伸縮性があるので履き心地も快適。
しかしカーゴパンツの特徴もプラスされているため崩れた印象になりすぎず、デート着として着用しても違和感がありません。
黒の靴下と黒のスニーカーを合わせればモード風のクールな印象に、白やカラフルなダッドスニーカーを合わせればストリート系のちょっぴりやんちゃな印象に仕上がります。

定番とは少し違うカラーで遊び心を加えよう

黒やカーキ、迷彩柄などは、カーゴパンツ初心者でも失敗が少ないカラーです。
定番のカラーを選んでもBLACKTAILORのパンツは個性的なので、ひと味違った印象になるでしょう。
しかしあえて定番以外のカラーを選ぶのもおすすめ。
BLACKTAILORには、黄緑やオレンジなどの蛍光カラーも揃っています。
パンツが目立つので、アクセサリーなどでアクセントを加える必要がありません。
黒のパーカーや迷彩柄のダウンなど、トップスで遊ぶと良いでしょう。
まずはBLACKTAILORの代表作とも言えるN3で挑戦するのがおすすめです。

まとめ

野暮ったい印象に仕上がると思われがちなカーゴパンツですが、シルエットに気をつければスタイリッシュに着こなせます。
カーゴパンツ初心者は、まずは失敗の少ないシルエットとカラーを選びましょう。
他の人と差をつけたいのなら、個性的なシルエットやデザインのカーゴパンツとスニーカーを合わせるのがおすすめ。
おしゃれ上級者のような印象のコーデに仕上がります。
BLACKTAILORのカーゴパンツなら、クールで目を引くコーデに仕上がるでしょう。
丈を調整できるカーゴパンツも豊富なので、1年中カーゴパンツコーデを楽しめます。

NO IMAGE

FLB - FASHION/LIFE STYLE/BUSINESS