ストリート系ファッション

ストリート系ファッションって何?その定義や外せない基本を紹介

ストリート系ファッションという言葉はよく聞くけれど、実際どんなファッションがストリート系なのかいまいちわからないという人もいるかもしれません。ストリート系ファッションは時代とともに様々なスタイルを取り入れているため、これ!と定義するのが難しいスタイルです。

そこで今回はストリート系ファッションの基本や、2020年のストリート系ファッションのトレンドを紹介します。基本がわかっていれば自分なりのコーディネートもできるので、ぜひチェックしてみてください。

そもそもストリート系ファッションとは?

ストリート系ファッションとはストリートという言葉が付いている通り、街の中で若者によって発展して来たファッションスタイルです。ストリートと一括りにしても色々なスタイルがあるのですが、主流となっているのは1970年代頃にアメリカから入って来たストリートスタイルになっています。当時の日本はアメリカのHIPHOP文化やスケボー文化が人気を集めるようになっており、アーティストが着ているファッションをカジュアルダウンしたファッションや、スケーターが着用しているファッションがストリート系と呼ばれるようになりました。流行は街の若者が作るとも言われていますが、ストリート系ファッションはそんな若者たちのセンスで徐々に変化して今の形を保っています。

全体的にはカジュアルなイメージのファッションがストリートスタイルです。90年代頃まではビックシルエットの服に主張が強めのアクセサリーをつけるようなストリートスタイルが人気でしたが、最近は少しシックになりつつあります。トップスにボリュームを持たせる代わりにボトムスを細身にするなど、スタイルにも大きな変化が出ています。

ハイブランドのアイテムを使いシックだったりエッジの効いたりしたコーディネートのモード系とは異なり、私たちに馴染みのあるファッションスタイルと言えるでしょう。人気のストリート系ブランドのなかには高価なブランドもありますが、ブランドにこだわらなくてもファッションが楽しめるのが特徴です。小物やスニーカーにお金をかける代わりに、トップスやボトムスの値段を抑えてリーズナブルに楽しむこともできます。

ストリート系ファッションを作るための基本

ビッグシルエットのTシャツ

ストリート系ファッションを作るときは、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。

ゆったりしたシルエットを意識する

ゆったりしたシルエット

ストリート系ファッションを作るなら、ゆったりめのアイテムを取り入れるのがおすすめです。1990年代頃までは全てがオーバーサイズのスタイルが人気でしたが、最近はトップスがオーバーサイズでボトムスが細身のスタイルが主流になっています。また逆にボトムスにボリュームを持たせた分、トップスをコンパクトにするのもおすすめです。

全体的にゆるっとしたシルエットを作るHラインも人気がありますが、Hラインを作るときはトップスやボトムスが大きすぎないものを選ぶようにしましょう。

清潔感を出す

清潔感があるコーデ

ストリートスタイルはコーディネートのアイテムに古着を取り入れるのも人気があります。古着はプリントのかすれが味になり他の人と被らないというメリットがありますが、それをおしゃれに着こなすためには清潔感が欠かせません。トータルを古着で決めるというコーディネートもありますが、コーディネートに慣れていないうちは1点古着をプラスしたコーディネートがおすすめです。

カジュアルでラフになりがちですが、清潔感が感じられるコーディネートかどうかも意識してみましょう。モノトーンを中心としたカラーコーディネートにすることで、全体的にクリアなスタイルになります。

小物や靴にこだわってみる

こだわりの小物

ストリート系ファッションは若者が作り出して来た流行のスタイルで、その時代ごとに流行りのブランドができたり、流行りのスニーカーが誕生して来ました。シンプルから個性的なストリートファッションまで様々なスタイルがありますが、ストリート系ファッション初心者が取り入れるなら服をシンプルにして小物や靴にこだわるのがおすすめです。

シンプルな服に合わせれば小物や靴が映えますし、個性的なアイテムでもさらっと身につけることができます。小物づかいはおしゃれのレベルを上げてくれるので、こだわって選んでみましょう。

ブランドのロゴ入りTシャツは定番人気

ブランドのロゴ入り

引用:https://www.instagram.com/stussy/

定番のストリート系ファッションから挑戦したいなら、ブランドのロゴ入りTシャツが定番です。人気のストリート系ブランドの多くがロゴが前面にプリントされたTシャツを販売しています。ロゴ入りTシャツはロゴが大きすぎると幼く見えてしまうので、大人っぽく着こなすならロゴが主張しすぎないものを選びましょう。体型に合ったシルエットのものを選ぶのもポイントです。体型にフィットしていれば、Tシャツにスキニーパンツやジョガーパンツといったシンプルなコーディネートも映えます。

2020年のストリート系ファッションのトレンド 

モノトーンでまとめたコーディネート

2020年秋・冬のトレンドはモード系を取り入れたストリート系ファッションです。モードの要素を取り入れたストリート系ファッションは、こなれた感を出すのにもぴったりですし、カジュアルすぎないコーディネートがしたいという人にもおすすめできます。

モード系を取り入れたストリート系ファッションをするときは、コーディネートをモノトーンでまとめることを意識しましょう。カラーを入れるというよりは同じ黒でもトーンが違うものや、同色で異素材のアイテムを取り入れるのがおすすめです。

また春・夏でも人気があったオーバーサイズも引き続き取り入れましょう。トップスかボトムスのどちらかをオーバーサイズにして、あとはコンパクトにまとめます。ハイブランドのキャップやスニーカー、アクセサリーなど小物を1つ取り入れてモード感を強調しましょう。

またモード系を取り入れたストリート系ファッションだけでなく、90年代のリバイバルブームも来ています。オーバーサイズのファッションも元々は90年代のブームが再燃したものです。ただ90年代は全体的にビッグシルエットのものが流行っていましたが、2020年に着こなすなら肩がオーバーサイズだけど丈はぴったりのトップスを選んでください。ボトムスの場合もワイドパンツでも丈が長すぎないものを選びましょう。

90年代に流行ったブランドが再び流行しているので、古着屋さんでアイテムを探すのもおすすめです。今年発表になったラインナップだとどうしても人と被ってしまいがちですが、古着屋さんでなら自分だけのファッションが楽しめます。

古着屋さんで売られているアイテムは当時のビックシルエットの形のものが多いですから、今年のトレンドアイテムと合わせてバランスのいいコーディネートを目指しましょう。

変化を続けるストリート系ファッション

アメリカから入って来て日本でもポピュラーになったストリート系ファッションですが、今は日本独自の流行を作り出しながら変化を続けています。ストリート系ファッションは身近な流行の最先端といっても過言ではありません。街中を行き交う人やアパレルブランドの新作をチェックしてトレンドを取り入れつつ、自分のこだわりをプラスして自分だけのストリート系ファッションを完成させましょう。