サイクリングにおすすめのおしゃれメンズバックパックブランドをご紹介!

自転車通勤をするメンズや趣味でサイクリングを楽しむメンズが増えていることから、近年注目度が高まっているバックパック。
野暮ったいイメージを持つ人も多いかもしれませんが、最近はおしゃれなバックパックが増えています。
しかしサイクリング用のバックパックを選ぶ場合はデザイン性だけを重視すると、使いにくいことに気がついて後悔することも。
そのため機能性もチェックして、長くつき合える最高のバックパックを見つけましょう。

サイクリングにピッタリなバックパックの選び方

引用:https://www.tokyolife.co.jp/news/3218/

バックパックを選ぶときは、まずどんな使い方をしたいのかをはっきりさせることが重要。
そうすればある程度、バックパックの容量や必要な機能が絞れるからです。
例えば自転車通勤でバックパックを使う場合は、ある程度の荷物が入れられるサイズが使いやすいと感じるでしょう。
着替えや靴、仕事で使うアイテムなど、持ち運ぶ荷物が多いからです。
趣味でサイクリングを楽しむ場合は長距離を走ることが多いため、逆に小さめのサイズを選んだほうが良いことがわかります。
その上でデザインやフィット感などをチェックしましょう。

20リットル以下の容量を選ぶのがおすすめ

バックパックのサイズは複数ありますが、サイクリングをする場合はなるべく20リットル以下のバックパックを選ぶことをおすすめします。
30リットルや40リットルの大容量のバックパックは、荷物がたくさん入れられるため魅力的に感じるかもしれません。
しかし大きな荷物を抱えてサイクリングをすると、肩や腰に負担がかかります。
また登山やバックパック旅を彷彿とさせるため、街や自然の中を颯爽と走り抜けたいおしゃれなメンズには向いていません。
20リットル以下のサイズならバックパックが目立ち過ぎることはないため、バックパックによってファッションコーデが崩れるのを避けられます。

フィット感と通気性が快適性を左右する

バックパックを背負いながら自転車で15分以上走る場合は、フィット感と通気性を確認することも重要。
しっかりチェックしてから選ばないと、バックパックが前や横にずれたり背中が蒸れたりしてしまいます。
肩だけでなく腰でも重量を支えられるようなバックパックを選びましょう。
両肩と腰の3面で重量を支えれば、サイクリング中にバックパックがずれるのを防げます。
バックパックの背面は、クッションパッドなどが使われているものを選ぶと良いでしょう。
熱がこもりにくいため、長時間走ってもサラサラ感をキープできます。

肩ベルトは幅広がマスト!スーツに合わせてもスタイリッシュに決まる

肩ベルトの幅は、広いほうがスタイリッシュに決まりやすいです。
スーツに合わせてもカジュアルなファッションに合わせても、少年っぽさの残るスタイリッシュなコーデに仕上がります。
ただし荷物を収納する部分と肩ベルトが一続きになっているものは避けたほうが良いです。
安定感はありますが、ロードレーサー風の印象になるからです。
荷物を収納する部分と肩ベルトのパーツが分かれているバックパックはストリート感が出るので、どんなファッションに合わせてもおしゃれ感のあるトータルコーデに仕上がります。

シンプルなデザイン&カラーならどんなファッションにも合わせやすい

機能性を重視すると、どうしてもポケットがたくさんついたバックパックを選んでしまいがち。
確かに収納力はアップしますが、野暮ったい印象になってしまいます。
おしゃれ感を出したいのなら、シンプルでスマートなデザインのリュックを選びましょう。
メンズの場合はブラックなどのシンプルでクールなカラーを選ぶのも、おしゃれ感を出すためのポイントです。
シンプルでクールなバックパックなら、フォーマルなファッションにもカジュアルなファッションにも合わせやすいです。

おしゃれビジネスマンにおすすめのバッグパックコーデ術

引用:https://otokomaeken.com/mensfashion/14004

ビジネスでバッグパックを合わせる場合は、抜け感を意識することが大切。
ポイントは靴下を見せるようにすることです。
自転車で通勤する場合足元はスニーカーがマストですが、その際に靴下が見えるとおしゃれ感が出ます。
あまり、おしゃれ感を出さずにいきたい人は、アンクル丈の靴下を履いて、靴下が見えないようにしましょう。

引用:https://c-edge.fashion/post/3219

バッグの形も重要です。
丸型よりもスクエア型のバッグパックのほうがクールに決まりやすいです。
また小さめながらも収納力の高いバッグパックを選べば、シューズやパソコンなどを詰め込んでもスマートで涼しげな印象になります。

カジュアルファッションとバッグパックの合わせ方

引用:https://route92.net/2017/02/19/chrome_backpack_bravo2/

ロードレーサーのような本格的なファッションコーデでなくても、サイクリング風のコーデに仕上げることは可能です。
定番は8分丈のバイクパンツやストレッチ素材のパンツ。
動きやすく通気性が高いため、サイクリングにピッタリです。
チノパンやジョガーパンツなどのカジュアルなボトムスを選ぶ場合は、靴下の中にボトムスをインするのもおすすめです。
自転車を漕ぎやすくなるだけでなくストリート感も出ます。
トップスにTシャツやパーカー、マウンテンパーカーを選んでスクエア型のバックパックを合わせれば、スタイリッシュなサイクリングコーデが完成します。

おしゃれメンズにおすすめのバッグパックブランド

デザイン性が高く、どんなファッションに合わせてもクールに決まるのがBACK PAIX(バックパックス)。
無駄のないシンプルなデザインのため、スーツにもカジュアルなファッションにも合わせやすいです。
トップにボリュームを持たせたスクエア型のバックパックのため、ちょっぴりやんちゃなストリート感のあるコーデに仕上がります。
日本で手に入りやすいカラーは、クールに決めたいメンズにピッタリのブラック。
光沢があるため、高級感のある印象になります。
ワンランク上のコーデが実現するでしょう。

BACK PAIX(バックパックス)の機能にも注目!

BACK PAIX(バックパックス)の見た目はスッキリしていますが、隠しポケットが豊富なため荷物をたっぷり収納できます。
例えばシューズ用収納ポケットやモバイル充電器収納ポケットです。
使用頻度の高いアイテム専用の収納スペースがあるため、使いたいときにすぐに取り出せます。
バッグパックに搭載されているモバイル充電器と専用のUSBケーブルを繋げば、サイクリングをしながら自分のモバイルを充電することもできます。
背面にはクッションパッドが使われているため通気性もgood。
ペットボトル回収素材が使われていたり蓋が二十設計になっていたりするため、急に雨が降ってきても慌てずに済みます。

新しい機能を使って注目を集めよう

LEDスマートバッジを使えば、さらに機能性を高められます。
LEDスマートバッジを専用のアプリと繋ぐことで、LEDスマートバッジにウィンカーを表示させることができるようになります。
またアプリとバッグパックが5メートル以上離れるとアラームが鳴るなど、安全性を高められる機能が利用可能に。
オリジナルのロゴを作成できるなど遊び心のある機能も使えるため、そのときの気分をバッジに表示させるのも良いでしょう。
バックパックのサイズは20リットルと30リットルの2種類で、いずれのサイズにもスマートバッジがついています。

まとめ

バックパックを背負っても野暮ったい印象にならないようにするためには、デザイン性の高いバッグパックを選ぶことが大切。
しかしサイクリングをする場合は、容量やフィット感、機能性も必ず確認しなければなりません。
たっぷり収納できるけれど暑苦しく見えない、スマートなバッグパックを選びましょう。
さらに大きすぎないサイズのスクエア型のバックパックを選べば抜け感が出ます。
バッグパック選びに自信が持てない場合は、おしゃれなメンズに人気のブランドを参考にするのがおすすめ。
ファッショニスタが選ぶバッグパックを取り入れれば、サイクリングのトータルコーデもワンランク上のコーデに仕上がるでしょう。