おしゃれなメンズカメラバッグをご紹介!旅行やアウトドアにもおすすめのブランドをご紹介!

大切なカメラを持ち運ぶのに便利なカメラバッグ。
特に一眼レフカメラで本格的に写真撮影を楽しみたいメンズには必須のアイテムです。
しかしカメラバッグと言っても種類は膨大。
そのためとりあえずカメラバッグを購入したのは良いものの、他のカメラバッグに目移りして何度も購入を繰り返すメンズも少なくありません。
満足できるカメラバッグを見つけるためには、いくつかの点をよく確認してから選ぶことが大切です。
カメラバッグを選ぶ際のポイントをチェックして、自分にとって最高の一品を見つけましょう。

カメラを持ち運ぶならやっぱりカメラバッグが良い

カメラバッグは決して安くありません。
そのため一般的なバッグをカメラバッグとして使う人もいます。
確かにデザインや価格は一般的なバッグのほうが魅力的に感じるかもしれません。
しかしカメラバッグには、カメラを持ち運ぶのに相応しい機能がいくつも備わっています。
近年はデザインも一般的なバッグに引けをとらないくらい、もしくはそれ以上におしゃれなものも誕生しています。
そのため安心してカメラを収納したり持ち運んだりしたいのならば、一般的なバッグではなくカメラバッグを選びましょう。

これでカメラバッグ難民になるのを防げる!カメラバッグの選び方

おしゃれに敏感なメンズは、カメラバッグを選ぶ際にデザインを重視するかもしれません。
もちろん好みのデザインを選ぶことも、満足度を高めるためには重要です。
しかしカメラバッグの場合は容量や収納力の他、耐久性や防水性などもしっかりと確認しなければなりません。
いくらデザインが好きなカメラバッグであっても容量や収納スペースが足りなければ、新しくバッグを購入し直したりつけ加えたりすることになるでしょう。
また耐久性や防水性が低いと、大切なカメラに傷やカメラにとって大敵の水分がついてしまいます。
そのためカメラバッグの生地の厚さやクッション性、防水効果などもチェックしましょう。

メッセンジャータイプとバックパックタイプが使いやすい

カメラバッグにはショルダータイプとメッセンジャータイプ、バックパックタイプの3つのタイプがあります。
一般的なのはベルトを肩にかけるショルダータイプです。
がっちりとした耐久性の高いケースになっていることが多く、持ち運ぶ際も安心感が高いです。
収納スペースは少ないですが、近くの撮影スポットに行く程度ならば問題ないでしょう。
しかしどちらか一方の肩が痛くなったり、体勢を変えたときにベルトがずり落ちたりするという欠点も。
メッセンジャータイプやバックパックタイプは荷物がピッタリと身体にフィットするため安定感があります。
また都会的な印象を与えるため、おしゃれに敏感なメンズも満足できるでしょう。

収納ポケットが多いものがおすすめ

カメラバッグに入れるのはカメラだけではありません。
ブロアーやレンズクリーナー、バッテリーなどの細々としたアイテムも必要です。
一眼レフカメラの場合は望遠レンズや高倍率ズームレンズなどの、幅をとるレンズも一緒に持ち運ぶこともあるでしょう。
持ち運ぶ荷物の量がわかれば、どれくらいの大きさのカメラバッグを選べば良いかわかります。
また収納ポケットもどれくらいあれば自分の荷物がきっちり収まるのかわかるでしょう。
今はまだ細々としたアイテムが少なくても後でアイテムが増えることも考えられるため、収納ポケットはたくさんあったほうが良いです。
また仕切りがあるとカメラやレンズを固定できるため、仕切りの有無と数をチェックすることも重要です。

三脚の収納場所をチェックしよう

一眼レフカメラでじっくり写真を撮影したい人や画質にこだわりたい人は、三脚を使うことが多いはず。
そのため三脚を収納する場所があるか否かも確認する必要があります。
旅行やアウトドアをしながら写真撮影を楽しむ場合は、小さいサイズの三脚を選ぶことがほとんどでしょう。
その場合はバックパックなどの大きめのバッグであれば、バッグの中やサイドポケットに三脚を入れられます。
ただし本格的な三脚を持ち運ぶ場合は、サイズ大きいのでカメラバッグの中には入りません。
人気のブランドのカメラバッグには、ストラップで三脚をくっつけられるようになっているものがほとんどなので安心です。
雲台の収納場所の確認をしましょう。

大切なカメラを守るためには耐久性も重要+見た目もおしゃれに。

ハードケースのカメラバッグは耐久性が高いため、安心感を持てるでしょう。
しかしおじさん感が出るのも否めません。
スタイリッシュな印象を与えながらカメラを安心して持ち運ぶためには、ソフトケースでありながら耐久性が高いものを選ぶのがおすすめ。
生地に厚みがあったりクッションが使われていたりすれば、ソフトケースでも安心してカメラを入れておけます。
また仕切りがあれば振動でカメラとレンズが当たるのも防げます。
ソフトケースはバックパックタイプやメッセンジャータイプに多いです。

カスタマイズできるカメラバッグが便利

自信を持って購入したカメラバッグでも、レンズが増えてバッグを買い替えなければならなくなることもあります。
旅行やアウトドアなどに行く場合は、カメラバッグの他に着替えやアウトドアグッズを入れるバッグも持つことになるでしょう。
しかしカスタマイズできるカメラバッグなら、買い替えたり荷物を分けて持ったりする必要はありません。
複数のバッグをくっつけられるようになっているため、荷物が増えても1つにまとめられるからです。
バックパックのサイズは大きくなりますが、計算されて作られているためスタイリッシュな印象を与えます。
バッグをパーツごとに取り外せば、それぞれカメラバッグやデイバッグとして使えるため便利です。

アクティブに動きたいメンズは防水機能のチェックが必須

ほとんどのカメラバッグは生地や構造がしっかりしているため、防水機能がついていなくても少し水に濡れた程度ならばカメラに影響を与えることはありません。
しかし旅行やアウトドアを楽しむ場合は、途中で雨が降ってくることも考えられます。
そのため防水機能がついているカメラバッグを選ぶことをおすすめします。
防水加工タイプではなく、完全防水タイプを選べばより安心です。
生地だけでなくファスナーなどの細部まで防水効果のある素材が使われているからです。
また防水性が低下することもありません。

ダークカラーならクール&プロフェッショナル風に決まる

様々な形や大きさのカメラバッグがありますがカラーも豊富です。
基本的には黒や紺、グレーなどの落ち着いたカラーが多いですが、赤や緑などの目立つカラーもあります。
迷彩柄などの柄が入ったカメラバッグも少なくありません。
自分がビビッときたカラーを選ぶのも良いですが、なるべくなら黒やグレーなどのダークカラーを選ぶのがおすすめです。
プロのカメラマンのようなクールな印象になるからです。
長年使っても飽きがこないというメリットもあります。
ただし重要なのは質感。
高級感のあるダークカラーでないと、幼い印象や野暮ったい印象になってしまいます。
そのため少し光沢のあるダークカラーを選ぶと良いでしょう。

おしゃれに決めたいメンズにおすすめ!BLACK EMBER(ブラックエンバー)のカメラバッグ

誰もが知るアウトドアブランドでデザインを担当していたデザイナーが手掛けているだけあって、個性的かつ都会的な雰囲気をまとっているBLACK EMBER(ブラックエンバー)のカメラバッグ。
黒一色のシンプルな見た目ですが、高級感があるため持ったときの全体的な雰囲気が違います。
BLACK EMBER は複数のモデルがあるため、カメラバッグ単体で使用するというよりは、通常のバックパック仕様にカメラバッグを拡張し使用する形となります。

カメラバッグは、ハードケースで衝撃に強いため、アクティブなメンズも安心して持ち運べます。
一眼レフカメラもレンズをつけたまま収納することが可能。
内部には3つの仕切りがあるため、スペアのレンズも収納できます。
ストラップをつけて、肩にかけて持ち運ぶのが基本のスタイルです。
ただし三脚や雲台、着替えなどを持つ場合はカメラバックとは別のバッグも必要。
BLACK EMBER(ブラックエンバー)のバッグはカスタマイズが可能なため、バッグパックなどの他のバッグとカメラバッグを合体させられます。

防水性が高いからアウトドアでも大活躍

クールな見た目で耐久性が高いBLACK EMBER(ブラックエンバー)ですが、優れている点は他にもあります。
防水性の高さです。
防水3層Microhex テキスタイルという素材を使っており、IPX-06という防水規格を保持しています。
つまり完全防水のため、アウトドアを楽しんでいるときに雨が降ってきても慌てる必要はないのです。
防水性が高いのは、BLACK EMBER(ブラックエンバー)のバッグならばどのバッグも同じです。
そのため複数のバッグを組み合わせても安心感は変わりません。
撥水性も高いため、水に濡れたら布で水滴を拭き取ればすぐに表面がサラッとします。
またカメラバッグの素材は頑丈に作られている上に密閉性も高いため、カメラにとって大敵なホコリからも守れます。

プロフェッショナルな雰囲気を出したいならGIGL(ギグル)をチェック

デザインアワード2019を受賞したことがあるGIGL(ギグル)。
グレーのカメラバッグは筒形になっており、メッセンジャーのように斜め掛けをするのが基本です。
長さがあるため、望遠レンズなどの大きめのレンズがついた一眼レフカメラもそのまま収納できます。
筒状のバッグから一眼レフカメラをサッと取り出してカメラを構えれば、プロのカメラマンのように見えるでしょう。
ストラップを使えば、カメラバッグの下に三脚を取りつけることもできます。
ただし他のレンズは入りません。
しかし他のバッグと組み合わせることができるため、複数のレンズや着替えなどを持ち運ぶ際は他のバッグも利用しましょう。
カメラバッグはバックパックの上や下、横に取りつけて持ち運べます。

軽いから持ち運びが楽!肩への負担も減らせる

GIGL(ギグル)のカメラバッグの内部には2つの仕切りやレンズ保護帯がついているため、ソフトケースでも安心して持ち運べます。
レインカバーもあるため、一眼レフカメラが水に濡れる心配もありません。
しかしそれだけでなく、軽いという優れた特徴もあります。
あまり注目されにくいポイントですが、カメラバッグを使い続けるとバッグの重量がいかに大切かわかるでしょう。
一眼レフカメラはずっしりとしているため、カメラバッグまで重いと肩に負担がかかってしまいます。
長い時間歩いていると、カメラバッグをおろしたくなるでしょう。
GIGL(ギグル)のカメラバッグの重量は490グラムと軽いため、肩にかかる負担を減らせます。
さらに斜め掛けができるため、一眼レフカメラを持ち歩いてもカメラの重さが気にならないでしょう。

まとめ

黒やグレーなどのダークカラーはシンプルで個性がないように感じるかもしれませんが、クールな上にプロのカメラマンのように見えるというメリットもあります。
高級感のあるダークカラーのカメラバッグを見つけたら、サイズをチェックしてみましょう。
持ち運ぶ荷物の量に合う容量のバッグを選ぶことが大切です。
その上で収納力や耐久性、取り出しやすさなどをチェックしましょう。
カスタマイズできるバッグなら、今後荷物が増えても安心です。
大容量のバックパックとして1つにまとめられるので、旅行やアウトドアにカメラを持って行く際も複数の荷物を抱えずに済みます。
今回おすすめした2つのブランドを参考にして、心から満足できるおしゃれなカメラバッグをゲットしてくださいね。